スポーツ

ワリエワを罵倒したロシアの“鬼コーチ” 髪をつかみ、ゴミ箱に…最恐伝説

(写真/アフロ)

4位に終わったワリエワ選手(写真/アフロ)

 試合後には選手と熱い抱擁を交わし、選手がミスしたとしても「よく頑張った」とねぎらいの言葉をかけ、肩を抱く──五輪では選手とコーチの固い絆も感動を呼ぶが、女子フィギュアスケートでは目を疑うような光景が世界の注目を浴びた。演技を終えたROC(ロシア・オリンピック委員会)のカミラ・ワリエワ(15才)に、エテリ・トゥトベリーゼコーチ(48才)が憤怒の表情でこう詰め寄ったのだ。

「なぜ諦めたのか説明しなさい! 戦うのをなぜやめたの?」

 ドーピング疑惑で非難を浴びるなか、フリーのリンクに上がったワリエワ。彼女の表情は最初からひきつり、演技に集中できるような精神状態でないことは明らかだった。前半の3回転半でバランスを崩すと、その後も自慢のジャンプを立て続けに失敗。演技を終えると顔を手で覆ってうつむき、リンクを後にした。

「同じくエテリコーチに師事しているトゥルソワ選手がコーチに向かい『あなたはすべて知っていた!』とまくし立て、演技後に抱擁を拒んだのもショッキングなシーンでした」(現地にいたスケート関係者)

 渦中のエテリコーチは、フィギュアの選手としてはほとんど無名の存在だった。引退後、コーチとして頭角を現し、2014年ソチ五輪で団体戦金メダルに貢献したユリア・リプニツカヤを指導。2018年平昌五輪では教え子のアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワが金銀を独占し、ロシアの女子フィギュアの黄金時代を築いた。

 今大会金メダルのアンナ・シェルバコワも銀のアレクサンドラ・トゥルソワも、ともにエテリコーチの指導を受けた選手たちだ。ただ、輝かしい実績を誇る一方、“厳しすぎる”という声もある。

「かつて、とあるロシア選手が、食事をしているところをエテリコーチに見られると怒られるので、こっそり食べては吐くということを繰り返していたと話しているインタビューを読みました。さらに思うようなジャンプができないと髪をつかんでリンク上を引きずり回されたり……。

 コーチに『ゴミはゴミ箱にいろ!』とゴミ箱に閉じ込められたという話や、骨折しているにもかかわらず、練習を続けさせられた選手もいると聞きます」(前出・現地にいたスケート関係者)

 彼女の教え子たちは10代半ばにして世界のトップに駆け上がる一方、ほとんどが“短命”で終わることも共通する。

「ジャンプは若くて体が細いからこそ跳べる。飢餓状態の中で朝から夜まで練習漬けの生活が長く続くはずがありません」(フィギュアスケート関係者)

 他国の関係者の間からは、こんな声も聞こえてくる。

「米国では販売が許可されていない競技力向上のための薬を多くの選手が常用しています。でなければ、あんなにご飯を食べていない子たちが、何時間も練習し続けられるはずがない」

 それでもエテリコーチの指導を希望する選手は後を絶たない。ロシア選手を取材したことがある記者が話す。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン