スポーツ

北京五輪閉幕で提言「国同士で競い合うという発想を捨てるべき時期にきた」

これからも変わらずに羽生結弦を応援し続けたいという(写真=Penta Press/時事)

これからも変わらずに羽生結弦を応援し続けたいという(写真=Penta Press/時事)

 17日間に及び開催された北京オリンピック。日本が過去最多18個のメダルを獲得したことが話題となったが、それ以上に注目を集めたのはドーピング違反など数々の騒動だった。作家の甘糟りり子さんはどう見たのだろうか。

 * * *
 つい1週間ほど前まで行われていたオリンピックがもっと遠い過去のように感じられる。東京都教育委員会のHPによれば、オリンピックとは、「スポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的とした」ものだという。しかし、近年、これほど後味の悪いオリンピックも無かった。いくつものすっきりしない疑問をうやむやにしたままの閉幕だった。

 連日、女子フィギュアスケートのワリエワ選手のドーピング問題が報道されていたが、そもそもロシア選手団は組織的ドーピングによって国としての参加が認められず、 ROC(ロシア・オリンピック委員会)という名称での参加だった。違反歴や疑惑がない選手のみが「個人」として出場を許可されるのではなかったのか。国旗の掲揚を行わない、国歌斉唱はなし、国名の入ったユニフォームを着用しないという条件が付いているものの、ROCはほとんど国の選手団である。ご都合主義の対処といわざるを得ない。

 スター選手の多いロシアを出さないと視聴率が下がるからなのか、みんなプーチンが怖いからなのか(そりゃあもちろん怖いけれど)。それとも両方?

 中国の新疆ウイグル地区でのウイグル族への弾圧やひいてはジェノサイドに抗議の意思を示すため、外交的ボイコットを行った国もあった。アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドなどだ。日本も政治代表団を派遣しなかった。本気に抗議するのなら「政治的」ではなく、全面的にボイコットをするべきだ。オリンピックを「平和の祭典」というのならば。

 北京オリンピックの開会式も閉会式も、表現としてはすばらしかったと私は思う。国内のローカルタレントが次々と出てきて何かやるという忘年会みたいな開会式とは全然違った。始まりから終わりまでが一つのイメージで統一されていた。

 そんな式典でバッハ氏は例によって無駄に長い挨拶を行った。閉会式では「五輪で団結する力は、分断する力より強い。平和の機会をもたらした」とのたまった。ウイグル民族の人たちや香港の人たちは、これを聞いてどう感じるのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン