芸能

西郷輝彦さん、前立腺がん闘病「最後の希望」で挑戦した最先端治療PSMA

西郷輝彦さんが挑戦した最先端治療PSMAとは?(時事通信フォト)

西郷輝彦さんが挑戦した最先端治療PSMAとは?(時事通信フォト)

 昭和の大スター・西郷輝彦が2月20日、前立腺がんのため都内の病院で亡くなった(享年75)。2021年4月からはオーストラリアに渡り最先端のがん治療を受け、「がんが消えた」と喜んだ矢先の死だった。旧友と専門医の証言で、西郷の闘病を振り返る。【前後編の前編】

5年内生存率はおよそ30~35%

 西郷の訃報は、身近な人にとっても、突然のことだったという。

「10月上旬に入院してから亡くなるまでずっと病院にいました。つい最近会った時は、肌つやが良く、元気になる日は必ずくると思っていたのですが……」(西郷の知人)

 西郷は2011年に前立腺がんと診断され、全摘出手術を受けたが、2017年に再発し、骨転移した。

 ホルモン治療や放射線治療、抗がん剤治療などの治療を10回以上にわたって受けたものの完治には至らず、2021年5月に「ステージ4」の去勢抵抗性前立腺がんであることを公表した。

 くぼたクリニック松戸五香院長の窪田徹矢医師(泌尿器科)が語る。

「去勢抵抗性前立腺がんとは、ホルモン療法を続けているにもかかわらず、がんが進行してしまった状態を言います。前立腺がんは基本的に手術すれば再発性は低いですが、悪性度が高い場合は例外です。西郷さんの場合、2017年に再発しているので、ホルモン治療が効かなくなって、ステージ4まで進行したと考えられる。一般的にステージ4における5年内生存率はおよそ30~35%と言われているので、西郷さんは長く生きられたケースです」

 闘病中の西郷は、自らがんの治療法を猛勉強していたという。

 その結果、最後の希望を見出したのが、オーストラリアでの最先端治療だった。出国直後の2021年5月には、治療の様子を公開する公式YouTubeチャンネルを開設し、こう明かしている。

「願いはただひとつ、なんとかもう少しだけ好きな仕事をさせてほしい。コロナ感染が拡大し自粛生活が長引くなか、これまで落ち着いていたPSA(前立腺がんの腫瘍マーカー)というがんの数値が急激に上がってしまった。このままコロナ収束まで待っていても大丈夫だろうか、いや行動するべきだ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン