芸能

オダギリジョー「過去を隠さない」「SNSやらない」異色俳優が売れ続ける理由

主人公の父役で活躍中

主人公の父役で活躍中のオダギリジョーが都内でショッピング

 史上初の3人のヒロインが主演するNHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリィバディ」の物語が、いよいよ佳境に入ってきた。現在は、3世代目のヒロイン川栄李奈(27才)演じるひなたが、時代劇の仕事に奮闘中。その父親・大月錠一郎役で女性ファンを楽しませているのが、俳優のオダギリジョー(46才)だ。

 そんなオダギリが2月中旬、都内の衣料品店にショッピングに訪れた。目撃した30代女性客は「大衆的なファストファッション店に、全身黒ずくめでスタイル抜群の男性が買い物に来ていて、思わず見てみたら、まさかのオダジョーさんでした! マスクと帽子で顔が見えづらくても、服装もオシャレでオーラが際立ってました」

 約3000円ほどのダウンジャケットとにらめっこしたり、子供服を探したり、店内をくまなく回っていたという。人気俳優の意外に庶民的な素顔に、女性客もすっかり好印象を抱いていた。

 オダギリは今、朝ドラの好演で人気が再燃している。

 二代目ヒロイン深津絵里(49才)演じる、るいとの甘酸っぱい恋愛ストーリーは「カムカムエヴリィバディ」の視聴率を押し上げてきた。ドラマ初週の平均視聴率は15.52%も、オダギリが昨年12月に登場すると17%台にアップ。

 さらに、オダギリ演じる錠一郎が、突然の病で得意のトランペットを吹けなくなり、るいとの恋も破局しかけたクライマックスの1月25日放送回では、初の18%台(18.5%)を記録。そこから結婚→出産→娘のひなた(子役)登場までの1週間は、ここまで同作で最も高視聴率を稼いだ週となっている。

 あるスポーツ紙記者は「ヒロインの恋人・夫役を、オダジョーさんが穏やかに演じて、朝から女性視聴者を癒してきたのも好評の一因です。ご本人も最近の取材で『ずっとインディーズ系や小さな作品に比重を置いてきて、夜中の作品がしっくりくるタイプ。朝ドラは遠いものだと思っていた』と言われている通りに、無頼派というか非主流派な存在だっただけに、国民的ドラマで優しい男性を演じたのは珍しい」と話す。

 まさに“ギャップ萌え”だ。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン