芸能

三宅健が主演する『陰陽師』 これまでの作品とは「一味違う」ポイントとは?

ジャニーズファン以外にも注目を集めるSixTONESの可能性とは

三宅健の『陰陽師 生成り姫』に注目が集まっている

 2月22日に開幕した三宅健主演の舞台『陰陽師 生成り姫』。安倍晴明が主人公の作品はこれまで多くの俳優が演じてきたが、今作はそれらとは「一味違う」という。コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 新橋演舞場で上演中(12日まで、京都南座18~24日)の三宅健主演の『陰陽師 生成り姫』には、いろいろと驚かされた。

 原作は夢枕獏の人気小説。物語は、都で朝廷に仕える陰陽師・安倍晴明(三宅)が、親友の源博雅(林翔太)から、十二年前に出会った姫の話を聞くところから始まる。その後、琵琶の名手であった姫(音月桂)は博雅の笛の音を聞いて、再び姿を現し、助けを求める。姫は哀しい経験から、鬼になりかけていた…というもの。

 晴明と博雅は、シャーロック・ホームズとワトソンに例えられるが、犯人探しとは違う複雑さがある。人はなぜ、鬼になるのか? それも重要なテーマだ。

 三部構成の舞台で一番驚いたのは、さまざまな怪異、超常現象をほぼ人の手で表現しているということだ。

 映像作品の安倍晴明は、平成以降でも、野村萬斎、稲垣吾郎、三上博史、窪塚洋介、市川染五郎(現・松本幸四郎)、佐々木蔵之介などが演じてきた。それらは晴明が繰り出す術や都に跋扈する魑魅魍魎の姿など最新技術を駆使して、いかに大迫力で見せるかが重要視されてきた。

 たとえば2002年のフジテレビのドラマ『陰陽師☆安倍晴明~王朝妖奇譚』では、帝(花田浩之)が都の吉凶を占う「陰陽祭」を開くと、多くの貴族たちが注視する中、燃え盛る炎に鬼の影が。閃光とともに現れたのは、すべての呪術にたけ、鬼神をも操るといわれる陰陽師・安倍晴明(三上博史)だった! 

 もののけよりもロン毛の清明自身がよっぽどピカピカと怪しく輝いていたが、変幻、変身、特殊メイク、CG、なんでもアリ。実際、これがこのシリーズの見どころでもあった。

 だが、今回のアンプラグド『陰陽師』は一味違う。

 植物が生い茂る庭を眺め、屋敷でひとり暮らす安倍晴明の周囲には、精霊たちがいて、人間の会話に耳を澄ませる。晴明の身の回りを世話するのは、彼が人間の形にした精霊・蜜虫(岡本玲)。声明は扇の動き一つで、少々口の悪い蜜虫を操ることなど朝飯前なのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト