芸能

映画『アウトレイジ』シリーズ ポスターに入っていた「銀」の秘密

映画『アウトレイジ』のポスターには様々な工夫が

映画『アウトレイジ』のポスターには様々な工夫が

 二〇一〇年に公開された北野武監督・主演の映画『アウトレイジ』のポスターといえば、主要キャストの顔半分だけが切り取られたアップの写真が並ぶレイアウトも迫力があったが、そこに余計な文言を入れず「全員悪人」と一言だけ添えられたコピーもまた、大きなインパクトを与えた。そのポスターをデザインした中平一史氏に時代劇研究家の春日太一氏が話を聞いた。

 * * *
中平:あの「全員悪人」というコピーが一番簡潔でキャッチーでしたから、宣伝側としても「全員悪人」をどう強調させようかという意図は強くありましたね。

──その狙いは、ズバリ成功したと思います。

中平:何より目立つセンターに「全員悪人」を入れることにしました。上段の四人と下段の七人、全ての写真にかかるようにレイアウトしています。

──それによって、本当に「この全員が悪人なんだ」とパッと見て分かるようになっています。

中平:全員にかかるコピーだということが重要でした。下段の方に入れると、全員という印象が薄まってしまいますからね。

──書体については、どう考えられましたか?

中平:明朝は考えていませんでしたね。太いゴシックで、強いイメージでやろうと。それで文字間もギチギチに詰めました。

――そして、写真はモノトーン。これも迫力がありました。

中平:実は、印刷の段階で銀のインクを少し入れているんです。プロセスカラーだけの調整だと、どうしてもこのギラギラ感が出てこない。そこに銀のアミを少し足すことで、テカリが出てこういった効果が出るわけです。

──このポスターをマネしたくて、スマホのアプリを使って写真をモノクロに処理してみることがあるのですが、なかなか同じ迫力が出ないのはつまり……。

中平:こちらには銀が入っているからなんです。

── 一方で「アウトレイジ」というタイトルはピンク色ですね。

中平:最初は赤だったんです。でも、赤だとダイレクトに血の色を連想させてしまうということで「ちょっと怖い」となりました。それだったら思い切ってピンクにふった方がやくざ映画としては斬新なものになると思いました。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン