ライフ

ペットが呼吸をしなくなったら… 覚えておくべき心臓マッサージ&人工呼吸の方法

(写真/GettyImages)

覚えておきたいペットの救命法(写真/GettyImages)

 もしペットが、突然意識を失い、目の前で倒れたら──。あなたは何をしてあげられるだろうか。飼い主なら知っておくべき、ペットの救命救急法を紹介する。

心臓マッサージ/胸が3分の1程度沈むぐらいの力加減で押す

 心臓マッサージを行う際は、飼い主の利き手と反対側(右利きなら左)にペットの頭がくるようにし、ペットの背中側からアプローチする。日本国際動物救命救急協会代表理事のサニーカミヤさんが解説する。

「口腔内に異物がないか確認し、気道を確保したら、ペットの背中(短頭犬は横腹)に両膝を付けて、つま先を立てて座ります。肘は伸ばし、利き手の手のひらを胸郭のいちばん高い部分に置き、猫・小型犬は片手で、中・大型犬は両手で垂直方向に押します。超小型犬・子猫は胸郭を指で揉むようにします。鼻の短い短頭犬は仰向けにし、胸のいちばん膨らんでいる部分を押します。押す深さは、元の胸の高さの3分の1程度沈むぐらい。1分間に100回のペースで押します」

猫・小型犬

猫・小型犬

中・大型犬

中・大型犬

短頭犬

短頭犬

人工呼吸/肺の大きさに応じた量を吹き込む

 心臓マッサージを30回行ったら、人工呼吸を2回行う。これを獣医師に引き渡すまで繰り返す。

「ペットの舌を布などでつまんで、斜め下に引き出します。両手で口を軽く閉じ、ペットの鼻を口で覆って、気道を確保し、胸を見ながら、肺の容量に応じた呼気をゆっくりと1秒かけて、2回吹き込みます。呼気を吹き込むとき、ペットの首を立てると気道が狭くなるので、息を吹き込む人が床と平行になるくらい低い姿勢で行うのがポイント」(サニーカミヤさん・以下同)

 肺の大きさよりも多く吹き込みすぎないよう注意。

「吹き込む量が適量かどうかは、胸の膨らみで判断するしかありません。普段からペットが寝ているときの胸部を観察し、どの程度膨らむのか、呼吸のペースはどれくらいか把握しておきましょう」

舌を引き出す

舌を引き出す

呼気を吹き込む

呼気を吹き込む

呼気を吹き込む

吹き込みすぎに注意

救命処置開始と同時に病院に連絡を

 名前を呼んでも反応しないなど、明らかにいつもと様子が違ったら、救命処置を行うと同時に、すぐにかかりつけの動物病院へ電話しよう。あくまで飼い主ができる処置は、獣医師にバトンタッチするまでの“つなぎ”である。

「動物病院には、“のどにものを詰まらせた”“呼吸をしていない”などの症状と、いまから連れていく旨を伝えます。そうすると病院側も、受け入れの準備ができるので、スムーズに引き継げます」

 万が一に備え、かかりつけの動物病院のほか、別の動物病院や夜間対応の動物病院など、最低3か所以上をリストアップしておくといい。家族で共有しておくと安心だ。

取材・文/鳥居優美 イラスト/尾代ゆう子

※女性セブン2022年3月17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン