芸能

NHK肝いり新番組で最速東京凱旋を果たした「和久田2世」アナ

凱旋を果たした(写真は高知放送局HPより)

18年入局、今回、東京凱旋を果たした(写真は高知放送局HPより)

 4月に番組改編を控えるNHK。全174人のアナウンサーのうち101人が配置替えという大規模な改編で、絶対的エースの和久田麻由子アナが『ニュースウオッチ9』を降板することに。4月以降はレギュラー番組がゼロになるとあって、SNS上では「わくまゆロス」が広がっているが、局内では早くも「和久田2世」の若手を売り出す動きがあるという。

「この改編でスタートする新番組『サタデーウオッチ9』(土曜21~22時)のキャスターに抜擢された、吉岡真央アナです。慶応大学卒で2018年に入局し、高知放送局でニュース番組のリポートを中心に活動してきました。入局わずか4年めでの東京凱旋は、最速クラスです」(NHK関係者)

 幼少期からクラシックバレエを親しみ、慶応時代はチアリーディング部で活躍したという吉岡アナ。別のNHK関係者もこう話す。

「どちらかというと民放にいそうな華のあるタイプです。可憐なルックスで、アナウンスも安定感がある。全国的な知名度はまだですが、現在勤務している高知では大人気です。被り物をしたり、カヌーのルポで四万十川に飛び込んだり、体を張ったリポートをこなせる度胸もいい。局側も“将来のエース候補”として見込んでおり、早めに東京に呼んだそうです」

 吉岡アナがキャスターを務める『サタデーウオッチ9』は、それまで同時間帯で交互に放送していた『NHKスペシャル』と『土曜ドラマ』を1時間遅らせて枠を取った、NHKにとって肝いりの新番組といわれる。芸能ジャーナリストの三杉武氏が語る。

「吉岡アナと一緒に『サタデーウオッチ9』キャスターに抜擢された赤木野々花アナも、次期エース候補の一人と呼ばれる人気アナです。公共放送のNHKも近年は視聴率を無視できなくなっており、エースアナの不在は早急に対処すべき問題として認識しているはず。そこで“ポスト和久田”になりうる逸材を新番組に集め、育てようとしている印象を受けます。局側の期待を表した人事だといえるでしょう」

 新たなNHKの顔となるか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン