ライフ

登場から7年のオプジーボ がん治療「第4の選択肢」の地位を確立

オプジーボの登場でがんを取り巻く医療界の流れが大きく変わった(イメージ。写真=dpa/時事)

オプジーボの登場でがんを取り巻く医療界の流れが大きく変わった(イメージ。写真=dpa/時事)

 がん治療法は長年にわたって手術、抗がん剤、放射線の「3大療法」が標準とされてきたが、それが大きな変革の時を迎えている。新たな治療法の登場により、これまで3大療法では命が救えなかった症例に光が差している。

「免疫チェックポイント阻害薬」──この言葉に馴染みがなくとも、「オプジーボ」と聞けばわかる人は多いだろう。2014年に登場したこの「第4の治療法」によって、がんを取り巻く医療界の流れが大きく変わった。2018年には、同薬の開発に携わった本庶佑氏らにノーベル医学生理学賞が贈られた。

 登場から7年以上が経つオプジーボは、がん免疫療法の中で科学的に治療効果や安全性が証明された代表的な薬となり、日本だけでなく世界で「第4の選択肢」の地位を確立している。

 がん医療の流れを変えた新薬とはどんなものか。

「がん細胞は、体内の異物を排除する免疫の働きから“逃れる”ことで増殖します。がん細胞の逃避戦略の一つが、自らを攻撃しないよう免疫細胞に“ブレーキ”をかけること。本庶先生たちが開発した薬は、がん細胞が免疫にかけるブレーキ部分(チェックポイント)を邪魔して免疫細胞を正常に働かせることで、間接的にがん細胞を減らす仕組みです」(毎日新聞医療プレミア編集長で『がん治療の現在』の著書がある永山悦子氏)

 現在、日本で保険適用される免疫チェックポイント阻害薬はオプジーボのほか、キイトルーダなど6種類がある。抗がん剤はがんごとの特徴に合わせて開発されるが、

「抗がん剤とは異なり、免疫細胞の働きを助ける仕組みのため、がんの種類によって薬を使い分ける必要がなく、幅広いがんへの効果が期待されている」(永山氏)

 という。実際、メラノーマ(悪性黒色腫)から始まったオプジーボ適応のがんは、治療が困難な非小細胞肺がんや胃がんなど、現在は10種類まで増えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト