芸能

安住紳一郎アナ『THE TIME,』不振以上にTBSを悩ませる『ぴったんこ』終了の余波

安住紳一郎アナ(総合司会)と香川照之(金曜司会)を起用した朝の報道・情報番組の評価は?(『THE TIME,』公式サイトより)

安住紳一郎アナ(総合司会)と香川照之(金曜司会)を起用した朝の報道・情報番組の評価は?(『THE TIME,』公式サイトより)

「朝の帯の視聴習慣を変えるのは大変だと痛感している」。3月9日、TBSの4月期の番組改編説明会が行われ、編成局の福田健太郎企画総括はそう話した。安住紳一郎アナが総合司会を務める朝の帯番組『THE TIME,』は来月で開始から半年が経つが、TBS関係者は「世帯視聴率もコア視聴率も上がってこない」と落胆する。

「世帯視聴率では6時台は3%台、7時台は4%台が続いています。7時台では、テレビ朝日『グッド!モーニング』とフジテレビ『めざましテレビ』が7~8%台でトップを争っていますから、まだ背中は見えてきません。『THE TIME,』の前に放送していた『あさチャン』とさほど数字は変わってないですね。TBSは昨年春から男女4~49歳をターゲットにした『新ファミリーコア』を視聴率の指標にしていますが、これも良くない。世代別ではF3(女性50歳以上)が最も高いです」

 番組はピアノの生演奏で始まり、中学生や高校生のレポート、系列局との列島リアルタイム中継など他局との差別化も図られている。放送記者が話す。

「番組改編説明会での編成担当の発言の通り、朝の帯の視聴習慣を変えるのは相当大変です。1994年に始まった『めざましテレビ』も約10年掛けて、ようやく同時間帯のトップになりましたからね。いくら人気のある安住アナを起用したからといっても、半年で1位になれるほど甘くはない。

『THE TIME,』には独自色の強いコーナーもある一方で、SNSでバズったワードをランキングで紹介し、番組公式LINEで関心のあるニュースについてアンケートを取ってこれまたランキング化している。どちらか1つに絞ってもいいし、2つとも他の番組で見慣れた企画なので、独自色は出しにくい。そのようなコーナーの方が基本的に長いので、ここら辺の見せ方をどうするかは検討の余地があると思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン