ライフ

AGA治療5か月の記録 薄毛の副編集長(43)に毛が生えるまで

AGA(男性型脱毛症)治療の詳細をレポート

AGA(男性型脱毛症)治療の詳細をレポート

 最近、本誌・週刊ポスト編集部でヒソヒソと囁かれていた“ある噂”がある。それは「副編集長N(43)の髪が増えた」というもの。そこで当人を問い詰めると、よくぞ聞いてくれたと言わんばかりの笑顔で、昨年から「AGA(男性型脱毛症)」の治療を開始したことを“白状”した。薄毛は「老眼」や「体力の衰え」などとともに、加齢を実感させる“招かれざる客”の代表格だが、現在ではその多くが治療により改善できるという。Nが治療の経緯と成果をレポートする。

 * * *
 あれは、昨年9月のことだ。朝、シャワーを浴びていると、猛烈な違和感に襲われた。鏡に映った自分の頭頂部の地肌がいやに目に付いたのだ。ぺったりと頭皮に張りついた濡れた髪。いつからこんなに少なくなってしまったんだろう……。

 実は物心つく頃から、ある程度の覚悟はしていた。なぜなら父親の頭髪は決して豊かではなかったから。遡れば祖父2人もそうだ。特に母方の祖父はツルツルだった。つまり遺伝的に薄毛のサラブレッドだったわけだ。

 だけど、ちょっと早すぎやしませんか? まだ43歳なんですけど……。

 誤解されるといけないので先に言っておくが、何も“ハゲたら女性にモテなくなるではないか!”といったような理由で治療を決意したわけではない。そもそも人生でモテたことなど一度もない。

 学生時代に出会った妻と、陸上部で青春を謳歌している高校生の娘の3人で幸せな家庭を築いているつもりだし、仕事や生活において髪で困ったことは特にない。

 じゃあなぜ? と聞かれたら、ショックだったからとしか言いようがない。それまで当たり前のようにあると思っていたモノがなくなった……。その喪失感に打ちのめされてしまったのだ。

「俺、ハゲたと思う?」

 入浴を終え、リビングにいた妻に聞くも「え、分かんない」と、つれない返事。しかし、このとき既に、自分の中に芽生えた「絶対に薄くなった」という確信と、「これからどんどんなくなっていく」という恐怖は、拭い切れないものになっていた──。

 数日後、東京国際クリニックの診察室に座っている自分がいた。知人の紹介で訪れた東京駅近くのこの病院で僕に向き合ってくれたのは、峯岸祐之医師。形成外科医で毛髪再生治療が専門だ。

「男性型脱毛(以下「AGA」)は、年齢とともに起きるもので、老化現象のひとつと考えられています。頭頂部と、生え際のいわゆるM字部分から始まる人が多い。もちろん、てっぺんだけの人もいれば、M字だけの人もいて、個人差があります。頭頂部とM字、両方からだんだん進行していって融合するというタイプも多いですね」(以下、カギカッコ内は峯岸医師)

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト