国際情報

プーチン氏の2人の娘は大の親日家 度々来日し名所を満喫、爆買いも

プーチン大統領(写真/EPA=時事)

プーチン大統領の娘は親日家だという(写真/EPA=時事)

 ロシアのプーチン大統領(69才)は、国民からの質問に生放送で答えるテレビ番組で「何より愛しているものは?」と質問されると、間髪を入れず「ロシアだ」こう答えた。家族でも恋人でも国民でもなく「ロシア」が好き。愛国心をストレートに表現する皇帝だが、心の奥底では父親として愛娘への情愛がいちばん激しく燃えているようだ。

 隣国ウクライナへの侵攻の手を緩めないプーチン大統領率いるロシア軍。蛮行に世界から怒りの声が上がっているが、プーチン氏の急所と言えるのが2人の娘の存在だ。プーチン氏は娘が人質になることを何より懸念しており、シベリアの核シェルターに家族を避難させたとも報じられている。かつては、娘の写真を撮ろうとしたカメラマンに「殺してやる」と言い放ったエピソードまである。

「正式な発表がほとんどないので、確実な情報が非常に少ない。1985年生まれの長女がマリア(36才)で1才年下の次女がカテリーナ(35才)ということ、姉妹は現在ロシアに住んでいることなどくらいでしょうか。しかし、プーチン人気に陰りが見えてきた近年、恐怖政治の影響力も弱まり、独立系メディアや海外メディアが娘のことをポツポツと報じ始めました」(外信部記者)

 そこから見えてきた2人の共通点は、「日本好き」だ。特に次女のカテリーナの親日家ぶりが目立っている。

「彼女は学生時代に何度も日本に来ていますが、外遊などではありません。そもそもプーチン氏の外遊に娘が同行したことは一度もなかったと記憶しています。娘の存在を公に出すことを避けていたんでしょう。

 カテリーナさんの来日目的は、純粋な観光。同級生や姉と日本に来ては、東京ディズニーランドや京都、北海道などに旅行に出かけていました。滞在期間は2、3週間。1回の旅行で洋服などを数百万円も爆買いするなどショッピングも満喫していたそうです」(外務省関係者)

 2014年6月、カテリーナは何度目かの来日を果たす。そして、そこで世界で初めて記者からの直撃取材を受けた。

「関西国際空港の大韓航空のカウンターでチケットを手にした彼女に声を掛けたら、特に驚く様子もなく、にこやかな表情で向き合ってくれました」

 そう語るのは、直撃したジャーナリストの竹中明洋氏だ。カテリーナは、身分を隠すために「チホノワ」という祖母の姓をもとにした名前を名乗って入国していたが、竹中氏が「カテリーナ=ウラジミーロブナ」と彼女の名前を丁寧な呼び方で呼んだところ、振り返ったのだ。

「名刺を渡して、何度も日本に来ている理由を尋ねたら、急に険しい表情になって『大使館を通してください』と言われたんです。続けて質問をしたら私の太ももくらいの腕の大男が2人、私の前に立ちはだかって『あちらに行きましょう』と連れていかれそうになりました。すかさず彼女に『あなたは大統領の娘ですよね?』と問うと、突然ハッハッハッ!と高笑いをして、搭乗口へと去っていきました」(竹中氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン