ライフ

【逆説の日本史】「日本史の最大の特徴は天皇の存在である」という事実

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)

 ウソと誤解に満ちた「通説」を正す、作家の井沢元彦氏による週刊ポスト連載『逆説の日本史』。近現代編第九話「大日本帝国の確立III」、「国際連盟への道 その1」をお届けする(第1334回)。

 * * *
 最近、日本史をテーマにした講演で私はよく「回り道」という言葉を使う。日本史の特徴を示す用語として、だ。日本の歴史の最大の特徴が、天皇という存在にあることを再認識してもらうためである。

 私が約三十年前にこの『逆説の日本史』を書き出したのは、何度も述べてきたとおり日本の歴史学界があまりにも宗教を無視して日本史を分析していたからだ。そしてその宗教の中核的存在として天皇があることも、私が若いころの歴史学界では無視されがちだった。これにはちゃんとした理由がある。簡単に繰り返せば「天皇のために死ね」という戦前の教育を受けた人々が、それゆえに天皇を激しく憎むようになり、長じて歴史学者やジャーナリストや文化人になると天皇という存在を故意に無視して日本史を語ろうとするようになったからである。そのために歴史研究および歴史教育全体が歪んでしまった。

 若い人には信じられないかもしれないが、「日本史の最大の特徴は天皇の存在である」と主張すると、私の若いころには右翼と罵倒された。私は右翼でも左翼でも無い。そもそも、この「日本史の最大の特徴は天皇の存在である」は、イデオロギーや思想の問題とは関係無く、右翼であろうが左翼であろうが中立であろうが、認めざるを得ない客観的事実である。天皇とは日本以外の国の歴史には存在しない特別な存在である、という認識からスタートしないと日本史はわかるはずが無い。

「回り道」というのはそういうことで、他の国なら藤原氏が奈良から平安時代にかけて日本唯一の権力者になるのも簡単であった。ロシア革命で皇帝一家が皆殺しにされたように天皇一家を皆殺しにしてしまい、これからは自分が天皇だと名乗ればいいわけだ。中国ならそれができるし、ヨーロッパでも中東でもそれができる。単に皇帝や国王を殺しただけなら暗殺犯だが、たとえば中国なら現在の皇帝が持っている軍事力を超える力で皇帝を倒せば、自分が皇帝になることができる。元朝を倒して明朝を建て皇帝となった朱元璋が典型的で、朱一族は元朝の皇帝一族とはなんの血のつながりも無い。しかし王朝交代を実現し、皇帝になることができた。日本以外ではそれが可能なのだ。

 ところが、日本だけそれができない。遅くとも天武天皇のころから、日本を治めるのは天皇家の濃いDNAを持つ者に限るという信仰が確立してしまったからだ。だからこそ藤原氏は苦心惨憺して平安時代には藤原摂関政治を実現した。天皇の幼少時には摂政、元服しても関白と称して天皇家の権力を奪った。これが「回り道」である。外国ではそんなことをする必要が無い。外国なら「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の」と詠んだ「日本一のゴーマン男」藤原道長あたりで、藤原氏が天皇になっている。ちなみに、日本の平安時代に西ヨーロッパではメロヴィング朝が滅びカロリング朝に王朝交代したが、その立役者であるカール大帝はメロヴィング朝の宮宰(日本で言えば侍従長あたりか。あくまで家臣)の子孫である。王様が弱みを見せれば臣下に王位ごと乗っ取られる。それが世界の常識なのだ。

 しかし、日本はそうでは無いから「大変」だった。一昔前は、いやいまでもそうかもしれないが、外国人が日本史を学んだときにもっとも不審に思うのが「源頼朝はなぜ天皇家を根絶やしにして自分が天皇にならなかったのか」ということだった。外国人つまり世界史の常識で言えば、「源頼朝は天皇になっているはず」なのである。頼朝は平家打倒を果たした日本最大の軍事力の持ち主であり、その気になればいつでも天皇一家を皆殺しにできた、と外国人は考えるわけだ。しかし、じつはできない。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン