ライフ

大地震、避難のために家を離れる時にすべきこと「まずはブレーカーをオフ」

ブレーカー

避難所に行く前にブレーカーをオフ

 約2万人の死者・行方不明者を出した東日本大震災から11年が経った。大地震はいつ起きてもおかしくない。家の中で被災したときのために、どんな対策ができるのだろうか──。危機管理アドバイザーの国崎信江さんは災害時に備え、廊下や、それ以外の部屋に、極力ものを置かないようにしているという。置いたとしても、次のようなことを心掛けている。

「わが家の場合、時計は紙製、写真立ては布製、花瓶はゴム製など、当たっても大事に至らない材質のものにしています。気に入って買ったものが、家族を脅かす凶器になったらいやですから、家の中のものは、すべて災害時のことを考えて選んでいます」(国崎さん・以下同)

 また、夜中に被災したとき、火が出たときなどを想定し、こんな備えも。

「各部屋には、コンセントに差し込み、停電時は自動点灯する足元灯を設置し、いざというときに真っ暗にならないように工夫しています。揺れでストーブなどが倒れ、火が出たときに備え、火に投げ込めば消火できる、ペットボトル型の消火剤も家のあちこちに置いています。さらに、トイレや浴室など、閉じ込められやすい場所や玄関には、居場所を知らせて助けを呼ぶための笛、飲み水、簡易トイレ、ラジオ、ランタンなどの防災グッズを備え付けています」

 災害時は何が起こるかわからない。備えは何重にもしておくとより安心だ。

夜、寝室で寝ている時に地震発生…

寝ているときに…

寝ているときにグラッ

 倒れる家具の下敷きにならないよう、床に伏せ、枕で頭を守って図のように身を丸めるのが原則だという。そのとき、大型家具がない側に移動すること。

「慌てて暗闇の中で動くと、つまずいてけがをする可能性も。私なら、床に伏せて揺れが収まるのを待ちます。寝るときははだしなので、わが家の寝室には、はだしで踏むと危険なガラス製品などは置かないようにしています」

浴室でシャンプー中に…

シャンプー中にグラッ

シャンプー中にグラッ

「湯船に入っているときは、慌てて出ようとすると転倒することもありますから、その場でふちにつかまります。洗い場で髪などを洗っていた場合は、そのままドアを開けて脱衣所へ。わが家ではバスローブを脱衣所に常備しているので、それを羽織り、泡のついた髪はタオルで拭い、身をかがめます。このとき、脱衣所にドアがあるなら閉じ込められないよう開けるか、ドアのすき間にタオルを差し込みます」

トイレを使用中に…

トイレ中にグラッ

トイレ中にグラッ

「トイレや浴室は、揺れでドア枠がゆがむと閉じ込められるリスクがあります。ですから、私なら即座にトイレのドアを開け、動けるようであれば廊下に出ます。タンクがあるトイレの場合は、タンクのフタが外れないよう、手で押さえて揺れが収まるのを待ちます」

 トイレがいちばん安全という人もいるが、閉じ込められるリスクがある以上、「トイレ=安全な場所」ではないと覚えておこう。

家を離れるときは…

「避難所に行く必要がある場合、私ならまずブレーカーを落とします。地震で停電したからと、家電の電源を落とさずにいると、通電した際に発火することがあるからです。このほか、ガスや水道の元栓をしめます。家中の窓や扉の鍵をかけてシャッターを下ろすなど防犯対策もしてから出ます」。

 玄関に、行き先を記した紙を貼る人も多いが、これは防犯上おすすめしないという。

離れた家族との連絡は…

離れた家族との連絡はコレ

離れた家族との連絡はコレ

 被災時、もし家族が離れていたらどう連絡を取り合うか。「被災地にいる人同士の電話はつながりにくいのですが、被災していない他県へかける分には比較的つながりやすいんです。また、NTTの『災害用伝言ダイヤル』【*】を使うのもおすすめ。うちの場合、親戚を共通連絡先に決めておき、家族それぞれが親戚に電話をして居場所を伝えたり、伝言を聞いたりできるよう、あらかじめ打ち合わせしています」。

【*災害時、「171(イナイ)」に電話し、ガイダンスにしたがって被災地にいる家族など連絡を取りたい人の電話番号をダイヤルすると、30秒以内の伝言を残したり、伝言を確認することができる】

取材・文/桜田容子 イラスト/尾代ゆう子

※女性セブン2022年3月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン