ライフ

公募川柳がひそかなブーム 「シルバー川柳」には昨年1.6万作の応募も

川柳教室に通う人も増えているという(イメージ)

川柳教室に通う人も増えているという(イメージ)

〈全集中 しても開かない 瓶の蓋〉、〈「密です」と 言われてみたい 頭頂部〉。これらの句は、全国有料老人ホーム協会が毎年公募する「シルバー川柳」の昨年の入選作品だ。

 ユーモアや悲哀、世相を五・七・五で表現する川柳が今、ひそかなブームだ。シルバー川柳の広報担当者が語る。

「例年は約1万2000~1万3000作のところ、昨年は約1万6600作の応募がありました。特にテーマは設定していませんが、クスッと笑える力作が集まります」

 人生の機微を表現する川柳は、歳を重ねるほどに良作を生みやすくなるという。千葉県に住む勝又康之さん(79)は、70歳で川柳の魅力に開眼。今では数々の公募川柳に投句している。

「新聞や雑誌への投句から始め、地元の川柳教室にも通って仲間と切磋琢磨しています。ボケ防止や社会を考える良い機会になり、初めて新聞に掲載された時は本当に嬉しかったですね」

 NPO法人シニア大樂で、川柳教室「しにあせん(シニア川柳)」を主宰する藤井敬三氏もブームの広がりを実感する。

「教室には約70人が参加し、最高年齢は92歳です。たった17文字の短い言葉に意味を込める川柳は頭の体操になるし、入選すれば大きな励みになる。なかには応募を生きがいにしている方もいます」

 川柳学会専務理事で十六代目川柳の尾藤川柳氏は、「公募の賞での入選を目指すことこそが醍醐味」だと語る。

「現在、公募川柳は年間100以上あります。季語や切れ字(※「や」「かな」「けり」などを句に用い、感嘆や詠嘆を表わす俳句の技法)などの制約がある俳句と比べ、ハードルが低く参加しやすい。

 江戸時代中期に柄井川柳が七・七の前句を出題し、参加者がその後に続く五・七・五の付句を競ったのが川柳の始まりといわれ、公募が基本です。その後は衰退期もありましたが、新聞川柳や1987年にサラリーマン川柳が生まれ、人気が復活しました。川柳は公募の仕組みによって長く支えられてきた独特の文化なのです」

 ここ10~20年で様々な公募川柳が登場した。高血圧川柳や介護川柳、相続川柳など暮らしと密接に関連するものや、企業が自社PRのために賞金を用意するものもある。なかには大賞で10万円クラスのものもある(別掲表)。

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン