国内

国際ロマンス詐欺の悪質手口 4600万円を騙し取られた被害者が告発

壊れたレコードのように同じ言葉を繰り返す(写真/美穂さん提供)

壊れたレコードのように同じ言葉を繰り返す(写真/美穂さん提供)

 被害者はシングルマザーや独身者など、いわゆる「おひとりさま」だけに限らない。関東地方在住の宮本香奈さん(30代・仮名)は現在、夫と保育園児の息子と暮らしている。夫とは子育てをめぐって数年前から不仲になった。昨年秋、インスタグラムを介して、「米国育ち」のイケメンと知り合った。

 翻訳アプリを使ってやり取りをするうちに甘言に乗せられ、「日本に住むきみへのプレゼント搬送料」などと次から次へと送金を促され、総額360万円を騙し取られた。このうち100万円は母に負担してもらうほど、相手にぞっこんだった。

「電話も頻繁に掛かってきました。『息子は元気か?』などと気に掛けてくれたので、信用してしまいました。夫との関係も終わらせる覚悟でした」(香奈さん)

 我に返ったのは、相手からの連絡が途絶えたときだった。

「犯人を許せません。母も私を止められずに後悔していました。警察に相談したけど、相手が外国に住んでいることもあり、なかなか動いてくれません」(香奈さん)

 コロナ禍で横行する国際ロマンス詐欺——被害者は大金を騙し取られたまま、泣き寝入りするしかないのか。投資詐欺に詳しい正木健司弁護士はこう言う。

「銀行口座に振り込まれた場合は口座凍結による現金回収が可能ですが、仮想通貨への投資詐欺については犯人の特定が難しく、回収は困難です。

 重要なのは、“詐欺の可能性”に気づけるかどうか。素性がはっきりせず、会ったこともない相手に儲け話を持ち掛けられても、安易に信用してはいけません。短期間で大きな利益が出る、そんなおいしい話はないですから」

 投資詐欺に取り組む一部の弁護士は現在、犯人の特定に向け、加害者情報の迅速な開示をマッチングアプリの運営会社に求めている。

※女性セブン2022年3月24日号

日本語翻訳ソフトを使って甘い言葉を投げかける(写真/美穂さん提供)
警察は動かない。現金回収も困難

日本語翻訳ソフトを使って甘い言葉を投げかける(写真/美穂さん提供) 警察は動かない。現金回収も困難

罵詈雑言を浴びせられることも(写真/美穂さん提供)

罵詈雑言を浴びせられることも(写真/美穂さん提供)

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン