芸能

『おっさんの掟』谷口真由美さん特別対談「おっさんにストッパー役は期待できない」

谷口さんが語る

谷口さんが語る「おっさんの掟」とは?

 地域密着型ラグビー「リーグワン」が今年1月にスタートした。その発足に尽力した1人が、大阪芸術大学客員准教授で法学者の谷口真由美さん(47才)だ。父が強豪・近鉄ラグビー部で活躍した縁で、2019年6月から日本ラグビーフットボール協会の理事や新リーグ法人準備室長を務めた。しかし、リーグが開幕する直前の昨年6月に理事、準備室長を退任。いったい、彼女は協会内で何を見たのか──。舞台裏を著書『おっさんの掟「大阪のおばちゃん」が見た日本ラグビー協会「失敗の本質」』で明かしている。

 そんな谷口さんが、本誌・女性セブン連載でおなじみの放送作家の山田美保子さんとともに“おっさん”の正体に迫る。【前後編の前編】

山田:昨年2月、東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会会長だった森喜朗さん(84才)が、日本ラグビー協会を例に出しながら「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」と発言されたことは本当に衝撃的でした。ラグビー協会の改革に尽力されていたのに、「わきまえない女」として谷口さんのお名前が広まったことには、女性として、腸が煮えくり返ったことを覚えています。

〈女性蔑視発言の翌日、森氏は釈明会見で発言を撤回し、約1週間後、組織委員会会長を辞任。森氏が言う「女性」の1人が谷口さんだった。「わきまえない女」という言葉はツイッターなどで拡散され、一躍トレンドワードになった〉

谷口:森さんがラグビーW杯を日本に招致した立役者であることは事実ですし、ラグビー協会の若返りや女性登用を推進した人物でもあります。だからというわけではないですが、あの女性蔑視発言を蒸し返すつもりはありません。

 それより問題なのは、その1か月ほど前から協会内で吹き荒れていた“谷口批判”を森さんに告げ口した周りの人たちです。「そんなふうに森さんに伝えたのは誰や!」「アンタか!?」みたいな感じで悲しくなりました。

 もちろん、すべての男性がそんなふうに姑息なワケではありません。でも、組織のなかには「ムラの長には絶対服従」で、「自分より弱い立場や外から来た人間には高圧的」という人たちが一定数いる。私は組織を硬直化させてしまう人たちを“おっさん”と定義したのです。もちろん“おっさん”的体質の人は中高年男性だけでなく、若い人にも女性にもいます。

〈谷口さんは外部から招聘された女性理事として改革を進めていたが、閉鎖的な「ラグビー村」の“おっさん”に疎まれ、協会内から排除されていったと著書のなかで明かしている〉

山田:でも、こんなに書いてしまって、どこかから攻撃されませんでしたか?

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト