ライフ

生活の質を落とす「夜間頻尿」は高い疾病リスクも潜んでいる

「夜間頻尿」はどう対処する?(イラスト/いかわ やすとし)

「夜間頻尿」はどう対処する?(イラスト/いかわ やすとし)

 排尿で泌尿器科を受診する患者が一番多く訴えるのは夜間頻尿だ。夜中に2回以上の排尿がある夜間頻尿の高齢者は骨折率が高く、他にも様々な疾病を抱えるリスクや、寿命が縮む可能性もあるという研究報告がある。夜間頻尿の最大の原因は多尿・夜間多尿で、多飲を止めれば、症状が改善するケースもあるが、中には膀胱や脳神経が原因の頻尿もあり、侮るのは禁物だ。

 日本排尿機能学会によれば、男女ともに下部尿路症状の中で最も多いのが夜間頻尿だという。夜間頻尿とは夜間に排尿のため1回以上起きなければならず、それにより困難を感じている状態のこと。夜半の排尿が2回以上になると、生活の質が低下するので、治療が必要とされている。

 夜間に2回以上の夜間頻尿を有する高齢者と、1回以下の高齢者を5年間観察したところ、夜間頻尿の人は転倒による骨折が、そうでない人に比べ2倍以上も高く、さらに様々な疾病の罹患リスクも高まる結果となった。つまり、夜間頻尿は生活の質を下げるだけではなく、寿命が縮む可能性も否定できないらしい。

 東京慈恵会医科大学泌尿器科の古田昭准教授に聞く。

「夜間頻尿の最大の原因は多尿・夜間多尿です。脳梗塞を気にして、お水をよく飲む方がいますが、それが原因で夜間頻尿になっているケースも多く見られます。ただ飲んだ水が血液に影響するのは約5分間程度なので、水分摂取は脳梗塞予防にはなりません。多尿・夜間多尿以外にも、膀胱蓄尿障害や睡眠障害でも夜間頻尿は起こります」

 排尿に支障をきたす膀胱蓄尿障害は過活動膀胱や前立腺肥大、間質性膀胱炎などで発症する。中でも過活動膀胱は男女合わせ国内に、1200万人以上の患者がいると推計されている。夜間頻尿以外に、切迫性尿失禁や尿漏れなどの症状も呈する。

 過活動膀胱は突然、膀胱が収縮して我慢できずに尿漏れする病気だ。寒さや水の音を聞いたことなどがきっかけで、脳のコントロールが利かず、急に膀胱が縮む。治療薬は膀胱の異常な収縮を抑制する抗コリン薬と、膀胱のβ3受容体に作用して膀胱の容量を増大させるβ3刺激薬がある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン