ライフ

大人の細くて短いまつげを際立たせる!「いまどき色み」の人気マスカラ

自まつげを際立たせるデジャヴュの「ラッシュアップE アーモンドブラウン」

自まつげを際立たせるデジャヴュの「ラッシュアップE アーモンドブラウン」

 ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未さんが、オトナのための美容情報を紹介。今回は、まつげを一本一本際立たせる人気のマスカラを紹介します。

 * * *
「塗るつけまつげ」のコピーで大人気のデジャヴュのマスカラ、一度は使ったことがある人も多いと思います。いろんなタイプが出ているのですが、3月16日に発売される『ラッシュアップE』の限定色「アーモンドブラウン」は、かなりおすすめ!

 まず、大人の細く短くなったまつげも一本一本際立たせてくれる工夫がすごい! なめらかにのびて密着するマスカラ液もいいのですが、特にブラシが特徴的。毛が1.5mmと短く、断面が三角形なので目頭や目尻の細いまつげや、生え際の短い毛もしっかりひろえるんです。産毛レベルの細毛も、逃さずキャッチできますよ。

 さらに色みがすごくいまどき。いまってマスカラやアイラインに黒を使うと、ちょっと強すぎるの。赤みのあるブラウンなら、程よくやわらかい目元に仕上げてくれます。まつげをさりげなく際立たせて悪目立ちしないので、「普段はマスカラをつけない」という人にもおすすめです。

 逆に「いつも黒のマスカラを使っているから、やっぱりカラーマスカラでは物足りない」と感じる人は、目尻や黒目の上など強調したい部分に黒のマスカラをちょこっと足してみて。または全体にいつも使っている黒のマスカラを塗った後、アーモンドブラウンを重ねるというのもステキです。

 もちろん、一日中にじまない、お湯だけで簡単にオフできるというデジャヴュのマスカラのうれしい機能はそのまま。まつげがちゃんと強調されることで目元がひきしまって見えるうえ、色みでおしゃれ感もプラスできますよ。

 実はこのマスカラ、以前オンラインストアで発売したところ1週間で完売したという大人気カラー。今回はバラエティーショップなどで数量限定発売されますが、売り切れ必至なので間違いなく、買いですよ!

山本浩未/ヘア&メイクアップアーティスト。1964年生まれ。「今すぐ実践できる」を発信する、メイクの第一人者。

※女性セブン2022年3月24日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン