芸能

福原愛、泥沼化する離婚騒動 “結婚視野”の交際相手は「心を解放してくれる」

過去には教科書掲載後に不倫騒動が発覚した場合はどんな対応がされた?(時事通信フォト)

中国での活動を活発化させる福原愛(時事通信フォト)

 昨年7月に離婚した元卓球女子日本代表の福原愛(33)の一連の騒動に、新たな展開があった。現在は、昨年3月に『女性セブン』が横浜デートを報じた5歳年下の一般男性・Aさんと交際中の福原。『週刊文春』(3月24日号)が、Aさんの前妻・B子さんの証言を伝え、Aさんと福原が不倫関係にあったことや、そのことがきっかけでB子さんと福原の間で刑事告訴も辞さないトラブルになっていると報道、事態は泥沼化している。

 福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手である江宏傑(ジャン・ホンジェ)と結婚した。ふたりの子どもをもうけたが、前述の通り昨年3月、一流商社に勤めるエリートサラリーマンだったAさんとの横浜での“お泊りデート”を『女性セブン』が報じた。そして同年7月、福原と江の離婚が成立。現在、福原はAさんとは真剣交際中と見られ、「遠くない将来の再婚も視野に入れている」とも報じられていた。それだけに、冒頭のトラブルは世間を驚かせている。特に、彼女の人気が高い中国では、一連の離婚に関する騒動は注目を集めており、「このAさんとは何者なんだ? そもそも不倫関係だったのか?」や「二人の本当の関係が気になる」などの声が相次いでいる。

 福原のTwitterアカウントは、昨年2月28日以来、更新がストップしている。しかし、中国での活動は変わらず順調らしい。

「TwitterやInstagramなどは2021年2月から更新が止まったままです。現時点で、福原さんが自ら発信しているのはウェイボー(中国版Twitter)やTikTok(抖音)くらいです。いずれの投稿内容も中国語で書かれているので、基本的には中国人ユーザーに向けての内容になっています。

 ほかにも今年2月上旬の春節(旧正月)では、日本にいながら現地メディアのカウントダウン生中継に出演するなど、いまや中国大陸での露出が中心です。日本では青森大学客員准教授のほか、琉球アスティーダスポーツクラブの社外取締役に就任するなどしていますが、目立った活動は見受けられません」(スポーツ誌記者)

 さらに福原は1月下旬には国際卓球連盟(ITTF)から国際ツアー大会「WTT(ワールドテーブルテニス)」の日本ゼネラルマネジャーに就任。現在はシンガポールで同ツアーの視察を行なっているようで、日本以外で活発に活動している。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン