芸能

常識を覆した新スーパー戦隊「男性がピンクの戦士」になった理由

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

 長きに渡り国民的作品として親しまれている“スーパー戦隊シリーズ”。その最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(テレビ朝日系、毎週日曜朝9時30分〜)が革新的と話題だ。番組プロデューサーに話を聞くと、従来のシリーズの常識を覆す挑戦の裏には31年ぶりにメイン脚本を務める脚本家の存在があった。

 シリーズ46作目となる『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、昔話の桃太郎をモチーフに、主人公・ドンモモタロウをはじめとした5人のヒーローたちが悪に立ち向かう物語。“お供”のサルブラザー、イヌブラザー、キジブラザーのほか、桃太郎では敵役である鬼をモチーフにしたオニシスターもドンモモタロウの仲間となって共に戦う。

 主人公はドンモモタロウだが、物語はオニシスターこと鬼頭はるか目線で始まる。鬼頭はるかは突然ヒーローに変身する力を得ることになった、ごく普通の女子高生だ。女子高生を語り部とした理由について、番組プロデューサーの白倉伸一郎氏はこう説明する。

「レッドのドンモモタロウ=桃井タロウは人智を超越したヒーローという位置づけで、かなり常人離れしているんですね。一方でイエローのオニシスター=鬼頭はるかはいわゆる普通の女子高生。わりと等身大に近い位置づけになっています。その鬼頭はるかが語り部の役を務めるので、視聴者とほとんど変わらない目線から入り、徐々に非日常的な世界が広がっていき、その極致であるところのレッドと出会う。

 あくまでも男の子向けの番組ではあるので、女の子が物語を牽引していく、または女の子と一緒に感情移入してヒーローを見ていくというのは、ややチャレンジングな試みなんです。けれど脚本家の井上敏樹先生の腕前もあって、とても自然に出来上がりました。きちんとスーパー戦隊のヒーロー番組として成立しています」

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト