スポーツ

阪神が“予祝”で矢野監督の胴上げ予行練習の違和感 「阪神は豊作を願ってるのか?」

江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏が座談会

江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏が座談会

 3月のプロ野球開幕を前に、江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏という大物球界OBの3人が『週刊ポスト』の座談会に臨んだ。原巨人、そしてキャンプイン前に今季限りでの退団を発表した矢野燿大監督率いる阪神への評価はいかに?【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
江本:戦力は整っているはずの巨人は本来、話は簡単。優勝するにはクリーンアップが打ち、菅野が20勝すればいいだけ。ただ、丸(佳浩)を1番に置くと、2番に苦労する。ボクなら2番に川相(昌弘)みたいなタイプを入れますね。吉川(尚輝)を入れてもバントもできないし、粘り強いバッティングができるわけでもない。“ただのいいバッター”ですからね。

中畑:原監督もそこが悩みだろうね。吉川の能力は認めているが、状況判断の中で役割を果たせず、非常に淡白だと気にしている。いっそ、“バントができない”で終わらせずに、やらせればいいんだと思うよ。

達川:できなくてもサインで動かせばいい。

中畑:サインを出して失敗したとしても、もっともっとやらせないと選手は変わっていかない。

江本:それもせずにメジャーの2番最強打者論に迎合して坂本(勇人)を2番にしたりした。なんでもメジャーの真似じゃダメ。松原(聖也)を2番に据えても、やはり小技ができない。ランナーがいると外野フライを狙っていたから、ボクが解説の時は“ホームランバッターの松原さん”と言ってやりましたよ。何がやりたいのかわからんね。

達川:わからんといえば、阪神の矢野(燿大)はなぜキャンプ前に今季での退団を発表したのか。

中畑:これまでそんな監督いたかな。

江本:いませんよ。辞めようと思っても、口に出して言ったらダメ。キャンプで糸井(嘉男)と西(勇輝)が音頭をとって矢野監督の胴上げの予行演習をした。目標達成を前もって祝い、現実を引き寄せる“予祝”と呼ばれるものだと言っていたけど、“予祝”は豊作を祈ってやること。阪神は豊作を願ってるの? 学がないのがちょっと聞きかじってやるから恥ずかしいことになる。

中畑:監督が辞めると言ってしまうと、コーチだって大変だよ。

達川:矢野が呼んだコーチは覚悟せんといかん。

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン