ライフ

【書評】『聖母の美術全史』中世以来のマリア像がたどった歴史をふりかえる

『聖母の美術全史──信仰を育んだイメージ』著・宮下規久朗

『聖母の美術全史──信仰を育んだイメージ』著・宮下規久朗

【書評】『聖母の美術全史──信仰を育んだイメージ』/宮下規久朗・著/ちくま新書/1375円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

 今日の美術家は、聖母マリア像の制作に、あまり情熱をそそがない。少なくとも、自分の美術家生命をそこにかけようとする作家は、かぎられよう。また、現代の美術界は、かりにそういう仕事と遭遇しても、これを美術とはみとめまい。美術以外の何物かとして、あつかうだろう。日本のような非キリスト教文化圏にかぎった話ではない。カトリックの信仰があついところでも、状況は同じであろう。

 しかし、そんな美術界も、古い時代のマリア像なら、美術作品とみなしやすい。たとえば、ラファエロの聖母子像は、美術史上にかがやかしい地位をしめている。もちろん、ダ・ヴィンチやカラヴァッジョらの作品も。

 もともと、宗教と美術はふかくむすびついていた。ただ、ルネサンスのころから美術家の技量が向上する。聖母像を美しい絵や彫刻として収集するコレクターも、あらわれた。いきおい、それらは、より美術に近いものとして処遇されはじめる。

 政教分離をめざす近代国家も、この傾向を助長した。官立の展示施設がおさめる宗教画を、宗教に特化した遺物とはみなされたくない。そんな思惑から、宗教色をデオドラント化し、アートとして理解する傾向が強くなる。

 いっぱんに、近代化は人びとの宗教的な熱気を衰退させていく。しかし、マリア崇拝はその趨勢におさまらない。じっさい、一九世紀以後、聖母顕現の報告は、各地であいついだ。この現象は、逆に聖母像を美術という枠組からはずすよう、うながしたろう。

 二〇世紀末に、マリアを冒涜するとされた現代の作品が、さわがれている。ニューヨークの市長は、これを展示した美術館へ援助をうちきると通告した。今は、マリアの擁護派が、美術と敵対することもありうる時代になっている。この本は、ヨーロッパの中世から、マリア像のたどった歴史をふりかえる。日本や中国までふくめ、多くの図版が紹介された、たいへんな労作である。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト