国際情報

プーチン大統領「日本通の愛娘・カタリーナ氏」を表舞台に出さない理由

次女のカテリーナ氏。アクロバットロックンロールの大会に出場した時の写真(AFLO)

次女のカタリーナ氏。アクロバットロックンロールの大会に出場した時の写真(AFLO)

 世界中から非難されながらもウクライナへの軍事侵攻という蛮行を続けるロシアのプーチン大統領。22年間にわたってロシアに君臨し、無慈悲な侵略戦争を仕掛ける暴君だが、そんな彼にも溺愛する人がいる。2人の愛娘だ。とりわけ日本通とされる次女・カタリーナ氏は、プーチン氏の素顔を知る上では欠かすことのできない存在である。次女に取材した経験があるジャーナリストの竹中明洋氏がリポートする。

 * * *
 プーチン氏には、2013年に離婚したリュドミーラ夫人との間に生まれた2人の娘がいる。1985年に生まれた長女・マリヤ氏と、翌1986年生まれの次女・カタリーナ氏。どちらも日本とはゆかりが深い。とりわけ次女のカタリーナ氏は、サンクトペテルブルグ大学の日本学科を卒業し、日本語にも堪能である。好きな日本料理は湯葉というから、なかなかの通である。

 私はかつてカタリーナ氏に関西国際空港で直接取材を申し入れたことがある。2014年6月のことだ。彼女は母方の実家に由来する「チホノワ」という姓を名乗り、ロシアの名門モスクワ大学の副学長補佐という肩書き、そしてもう一つ、アクロバット・ロックンロールというスポーツ競技の団体の役員という肩書きを持っていた。日本にはこの競技の選手らを引き連れて訪れ、関東や関西の大学で実演して回っていた。

 アクロバット・ロックンロールは日本では馴染みがない競技だが、ロック音楽にあわせて男女のペアがアクロバティックに飛んだり跳ねたりダンスする。欧州ではそれなりに競技人口があるそうだが、かなりハードな競技である。じつは彼女自身もこの競技の優れた選手であり、前年にスイスで開かれた世界選手権で5位に入賞している。柔道家として知られる父親譲りの運動神経の持ち主なのか。

「ロシアはプーチン氏の故郷であるサンクトペテルブルグへの五輪招致を狙っており、それにあわせてこの競技を正式種目にすべく、日本に何度もやってきて普及を図っているのではないか」

 ロシア研究者のひとりからはそんな見立てを聞いたことがある。ともあれ、私が見た彼女は、父親に似てロシア人としては背があまり高くないがブロンドのショートヘアで知的な顔立ちをした女性だった。大学を訪ねて回る合間には、東京のお台場でショッピングを楽しみ、スターバックスでコーヒーを買うという庶民的な様子も。

 ただし、彼女の周辺を見るからに屈強そうなボディーガードらが取り巻いており、声をかけるのはなかなか勇気がいった。かつて自分の娘たちを正面から撮影しようとしたカメラマンにプーチン氏が「殺してやる」と言い放ったことがあるそうだが、ロシアではプーチン氏の娘たちの動向について報道するのは、タブーだ。そのため彼女らの存在は秘密のベールに覆われており、私が次女のことを取材していた当時は、インターネット上で検索しても、やたらと胸が強調された赤の他人の写真が出てくるだけだった。

 かつてプーチン氏はなぜ娘たちのことを表に出さないのかと米テレビ局のインタビューで聞かれてこう述べている。

「残念ながら我々にはテロリズムに関わる問題がたくさんあるので、娘たちの安全を考えなくてはならない」
 
 ようするにテロの標的になることを恐れていたのだ。2人の愛娘がプーチン氏のアキレス腱になりうるということを示すエピソードだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン