ライフ

キエフ市民の退避先に地下鉄構内 東京の地下鉄は有事の際に安全なのか

ウクライナ・キエフで、防空壕となった地下鉄駅に避難するウクライナの女性(時事通信フォト)

ウクライナ・キエフで、防空壕となった地下鉄駅に避難するウクライナの女性(時事通信フォト)

 マットレスなどを敷き、スーツケースを広げて寝泊まりする人たちがいるウクライナの首都、キエフの地下鉄の様子をニュースなどで目にして、東日本大震災のとき、帰宅の足がなくなって仕方なく駅へ続く地下通路で一晩を明かした人が少なくなかったことを思い出した人もいるだろう。韓国・ソウルではミサイル発射の際には地下鉄へ逃げ込むよう呼びかけられているが、東京ではどうなのか。ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 2月24日、ロシアがウクライナへと侵攻。世界を揺るがす事態へと発展している。ウクライナ情勢は、原油・ガスといったエネルギー関係や穀物価格にも影響を及ぼすなど、遠い日本にとっても無関係とは言い切れない。

 ウクライナの首都・キエフ(キーウ)では、ロシア軍からの攻撃を避けるため、地下鉄構内へと避難する市民もいる。そうしたニュース映像を目にすると、北朝鮮のミサイル発射で気を揉む日本でも、有事の際には地下鉄へと逃げ込むのが安全なのか? という疑問が沸く。

「東京メトロの地下駅は、武力攻撃による避難場所としては想定しておりません。しかし、そのような事態が起きた場合は、人命優先の観点から地下駅構内で避難をしていただくことになると思います」と話すのは東京メトロ広報部の担当者だ。

 東京都内では、東京メトロと東京都交通局(都営地下鉄)の2者が地下鉄を運行。その最深部は都営地下鉄の六本木駅地下で、深さは約42.5メートルとなっている。それでは最深部を走る都営地下鉄は、どうなのか?

「東京都交通局が運行している都営地下鉄大江戸線の清澄白河駅と六本木駅には防災倉庫があります。しかし、駅をシェルターとして使用することは想定していません。あくまで火事や地震の際に一時的な退避する場所として使うという考え方です」と話すのは、東京都交通局お客様サービス課の広報担当者だ。

 キエフ地下鉄は世界でもっとも深い場所を走っているとされ、最深のアルセナーリナ駅は地下105.5メートルにプラットホームがある。

 キエフの地下鉄が深い場所に建設された理由は定かではないが、ウクライナが世界で二番目に核実験を成功させた旧ソビエト連邦の構成国家だったことを考えると、地下鉄が核シェルターとしての転用も視野に入れて建設されたのではないかと訝ってしまうのも不思議ではない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン