ライフ

マンホール蓋愛好家が語るその魅力「未知の蓋を見つける宝探しの旅」

SNSやスマホの普及に伴い、今やマンホール蓋を観光の目玉と捉える自治体も。白浜氏は「いつかマンホール博物館を実現したい」と夢を語る

SNSやスマホの普及に伴い、今やマンホール蓋を観光の目玉と捉える自治体も。白浜氏は「いつかマンホール博物館を実現したい」と夢を語る

 個性的なデザインのマンホール蓋の写真を撮影し、SNSなどに投稿する人も増えているという昨今。今やマンホール蓋を観光の目玉と捉える自治体もある。「いつかマンホール博物館を実現したい」と夢を語る『マンホールナイト』実行委員・白浜公平氏に、マンホール蓋の魅力について聞いた。

 * * *
 毎年「いいフタの日」にあたる11月2日前後にマンホールナイトというイベントを開催しています。全国で見つかったマンホール蓋や、正体不明だった蓋などの研究発表会で、11年に開催した第1回から立ち見が出るなど想定以上の反響を呼びました。現在も毎回100人ほどが集まります。

 マンホールの好みは大きく分けて2つあります。1つはご当地マンホールに代表される“デザイン蓋派”。もうひとつは明治や大正、戦前期から存在する歴史ある蓋が好きという“骨董蓋派”です。私は両方とも好きで、写真を撮ったり、歴史を調べたりしています。

 一度行ったことのある場所に新しい蓋が設置されることもあるので、行ってみたい場所は増えるばかり。先日は小笠原まで足を延ばしました。事前に調べはしますが、誰も見つけていない“蓋”に出会えると飛び上がるほど嬉しい。それはまるで“宝探しの旅”です。

【プロフィール】
白浜公平(しらはま・こうへい)/1977年生まれ、神奈川県出身。「マンホールナイト」の実行委員。会社員として働きながら、全国のマンホール蓋を訪ね歩く。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン