国際情報

ウクライナの善戦 背景に「民間人と軍隊がネットで情報共有する戦い方」

(GettyImages)

プーチン大統領を批判するデモが世界中で行われている(写真/GettyImages)

 複数のSNSを使ってキエフから発信を続けているウクライナのゼレンスキー大統領。軍事力では圧倒的に劣るウクライナがロシアを相手に善戦しているのは、SNSを駆使したハイブリッド戦争を効果的に仕掛けているからとされる。桜美林大学リベラルアーツ学群教授の平和博さんが説明する。

「一般的に、戦争は軍隊が大砲や戦車などで相手国に攻め込むイメージですが、ハイブリッド戦争は、通常の軍隊に加えてSNSによる情報戦やサイバー攻撃を仕掛けます。具体的には、フェイクニュース(偽情報やデマ)を広げることで相手を混乱させたり、敵兵の戦闘意欲を下げたりする。フェイクニュースやサイバー攻撃、武力攻撃を連携して相手方に攻め込んでいくのがハイブリッド戦争です」

 戦時中にSNSを駆使するのは国の首脳に限らない。ウクライナでは、民間人たちがSNSを武器に侵略者に立ち向かっている。

 戦闘が激化する地域では、ウクライナ市民がロシア軍の戦車や部隊の位置をSNSアプリの「テレグラム」を使って送信し、その情報をもとにウクライナ軍が軍事作戦を立てる。市民と軍隊がネットで連携して、祖国を守っているのだ。作家・批評家の西村幸祐さんが解説する。

「民間人と軍隊がネットを介して情報を共有するのは、21世紀の新しい戦い方です。軍隊とは別の民兵組織があるので、市民は登録すれば武器を手に入れられます。こうしたことも市民と軍の情報交換がスムーズにできる理由です。敗戦後にアメリカ占領軍が書いた憲法9条で正式な軍隊が持てない日本にとって、大いに参考になります」

 ウクライナの人々は、SNSを用いて国外へのアピールも積極的に行っている。

「ロシアの侵攻後、キエフの防空壕で7才の少女が『アナと雪の女王』の主題歌を切々と歌い上げ、周囲の避難民が涙する映像がツイッターで広がり、『世界中があなたたちを応援しています』とのメッセージが寄せられました。またウクライナ在住のインフルエンサーは、TikTokに破壊された街並みやガソリンスタンドに押しかける車の行列などの映像を次々に投稿しています」(軍事ジャーナリスト)

 西村さんが指摘する。

「ウクライナの人々はSNSで戦地の状況を伝え、国際世論を味方につけています。ウクライナが善戦しているのは、こうした市民の力が大きい」

 戦場における市民のSNSが注目されるようになったのは、ここ10年ほどのことだ。

 2014年7月にイスラエルがパレスチナ・ガザ地区に侵攻した際、そこに住む当時16才のパレスチナ人の少女ファラ・ベイカーさんは、空爆の恐怖や被害の実態を覚えたばかりの英語で繰り返しツイートした。

《家の近くで激しい空爆が続いている。今回の戦争が始まって以来、最悪の夜》
《爆音にはもう耐えられない。耳が聞こえなくなる》

 こうしたツイートが世界中の共感を集めて、イスラエルの国際的な立場を脅かすようになった。彼女の功績は「わずか140字で戦場を変えた」と評された。

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン