国際情報

中国航空機墜落事故の真相究明の遅れ “隠蔽工作”はまた繰り返されるのか

中国南部の広西チワン族自治区の山中に墜落した事故の真相は…(写真=新華社/共同)

中国南部の広西チワン族自治区の山中に墜落した事故の真相は…(写真=新華社/共同)

 中国東方航空が3月21日、中国南部の広西チワン族自治区の山中に墜落した事故で、中国当局は乗客乗員132人全員の死亡が確認されたと発表した。

 被害規模もさることながら、離陸してから約1時間後に突然急降下を始めた機体が2分で約8000メートル降下し、ほぼ垂直の状態で地上に墜落したという不可解な状況が波紋を呼んでいる。

「操縦系統のトラブルが原因だった可能性もある」と報じられているが、事故の詳細は分かっていない。27日には現場の地中からフライトレコーダー(飛行記録装置)が発見された。既にボイスレコーダー(音声記録装置)も回収しており、事故原因の解明はこれからとなる。

 真相究明の遅れは、日本を含む航空業界全体に影響を与えかねないと航空アナリストの鳥海高太朗氏は指摘する。

「墜落したボーイング737型機は音速に近い速度で急降下している。ボーイング737-800型機は他のジェット機と同様に、通常なら急降下しないように設計されており、操縦士の極端な操縦や極めて異例な機能不全がなければ、そういった墜落状況になる可能性は低い。真相解明の遅れは航空業界全体に不安を与えかねません。

 アメリカやヨーロッパ、日本など世界各国で幅広く使われている機体だけになおさらです。中国では同機のフライトを止めていますが、原因が分からないなか、中国からの情報が少ないのが気になります」

 懸念されるのは、中国では過去、大規模事故の際に数々の“隠蔽工作”が行なわれてきたことだ。中国に詳しい評論家の宮崎正弘氏はこう話す。

「2011年の高速鉄道の追突脱線事故では、事故原因を突き止めるための現場検証も行なわれないまま、事故車両を埋めて隠そうとしたことが報じられました。昨年7月には、河南省で発生した豪雨洪水の死者・行方不明者数について、地方政府が過少報告していたと中国国務院が明らかにしています。

 今回の件でも詳しい状況が分かってこないなか、中国の公表情報をどれだけ信じていいのか不安が残る。事故原因が分からないまま捜索が打ち切られてしまう可能性もないとは言い切れません」

 日本の空の安全にも関わってくる問題だ。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン