スポーツ

巨人・大勢はいち早く台頭 新人投手をクローザー起用する合理的な理由

クローザーとして巨人のスタートダッシュを支えるドラフト1位ルーキー・大勢(時事通信フォト)

クローザーとして巨人のスタートダッシュを支えるドラフト1位ルーキー・大勢(時事通信フォト)

 巨人のドラフト1位・大勢が新人で史上初となる開幕から2試合連続セーブを挙げ、3月29日のヤクルト戦で早くも3セーブ目を記録。最速158キロの直球とフォークを武器に4試合で3セーブとチームのスタートダッシュを支えている。プロ野球担当記者が話す。

「巨人はここ数年、ドラフト上位の投手が台頭できず、次世代の投手陣に不安がありました。しかし、今年は開幕2戦目に2020年2位の山崎伊織、3戦目に昨年3位の赤星優志が先発し、クオリティースタートという結果を残した。まだ始まったばかりで、1年持つかはわかりませんが、例年より若手に期待を持てる年になっています」(以下同)

 原辰徳監督は昨年ビエイラ、一昨年はデラロサと外国人にクローザーを任せてきたが、今年は大勢を指名した。

「順当に行けばビエイラでしたが、オープン戦の調子を見て大勢にした。先発で行ったほうがいいという意見もありましたが、真っ直ぐの速さと落ちる球という武器を備えている大勢は抑え向きと判断したのでしょう。そういう資質があるなら、新人は先発よりもリリーフに回したほうがいいという考え方は合理的です」

 昨年、栗林良吏(広島)が新人最多タイとなる37セーブをマーク。古くは新人豊作の1990年に与田剛(中日)、佐々岡真司(広島)が抑えを務め、潮崎哲也(西武)も鹿取義隆につなぐ中継ぎとして役割を果たした。DeNAは2014年に三上朋也が21セーブ、2015年に山崎康晃が37セーブと2年連続でルーキーがクローザーを任された。抑えでなくても、中日の岩瀬仁紀やロッテの益田直也のように1年目からリリーフでフル回転してチームに貢献する投手は多数いる。

「まず、1年目は相手チームがデータをほとんど持っていない。しかも、抑えで終盤の1イニングだけとなれば、2~3か月で一度も対戦しない選手もいるし、打席数も多くならない。ようやくデータも揃ってきて、打者も慣れてきた頃には後半戦になっている。新人は1年のペースを考えずに、がむしゃらに向かってくるし、若いので疲れも出づらいし、回復力もある。クローザーを任せるには向いている。先発となれば、1試合で同じ打者と3回前後対戦することになり、長い回を投げればクセも見抜かれやすくなりますからね」

昨季は0勝1敗37セーブ、防御率0.86という驚異的な記録を残した広島・栗林良吏(時事通信フォト)

昨季は0勝1敗37セーブ、防御率0.86という驚異的な記録を残した広島・栗林良吏(時事通信フォト)

 昨年の栗林は6月13日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で初黒星を喫するまで、22試合連続無失点を続けた。終盤はランナーを出す場面も増えたが、0勝1敗37セーブ、防御率0.86という驚異的な数字でシーズンを終えた。

「大勢も相手打者が慣れるまで時間が掛かる。しかも、今は交流戦があるので、セ・リーグの打者が見慣れてくるのは後半戦でしょう。まだシーズン序盤ですが、故障でもしない限り、今季の巨人のクローザーは大勢で行くのではないでしょうか」

 巨人の新人最多セーブは、長嶋茂雄監督時代の1978年の角三男の7セーブ。このままいけばその記録を早々と塗り替えるのも確実な情勢だ。次は栗林と山崎の持つ37セーブ記録にどこまで迫れるか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン