芸能

大河ドラマ『真田丸』殺陣指導者が語る「セットを活かす殺陣の工夫」

『真田丸』の殺陣について語る中川邦史朗氏

『真田丸』の殺陣について語る中川邦史朗氏

 大河ドラマ『真田丸』は、真田勢が二度にわたって徳川の大軍をしりぞける上田城での攻防戦や、タイトルにもなった真田丸での攻防戦など、城を舞台にした合戦シーンがあり、いずれも工夫を凝らした殺陣が展開されている。時代劇研究家の春日太一氏が、『真田丸』の殺陣を担当した中川邦史朗氏にその秘話を聞いた。

 * * *
中川:上田合戦の時は監督からの絵コンテはなかったのですが、その代わりに大道具さんたちがいろいろな仕掛けを「これでもか」っていうほど作ってくれました。「中川さん、あそこから丸太が落ちます」「あそこのロープから石が飛んできます」と。

 そうなりますと、そこには人を配置して穴に落ちたり石に当たって「わあっ!」となるリアクションをとってもらおうということになるわけです。そういう美術スタッフや大道具さんのイメージがあって、そこから「このカットを撮るならこういう方向からこうやられましょう」と手をつけさせていただきました。

──あの上田城は、いろいろな仕掛けが施されたセットでしたから。

中川:僕も最初に観た時は「おう、ここでやるのか!」と思いました。

──そうしたセットだからこその、新たに浮かんだ殺陣のアイデアもありましたか?

中川:少ない人数で真田側が城を守るための戦術で、城下町の大通りから二の丸に至る道がどんどん狭くなり、最後は一人ずつしか通れないようなセットだったんです。

 その道の出口に辿り着いた徳川勢を8人ほどの農兵が取り囲んで槍で攻撃するときに、一人おきに「叩く」と「突く」を交互にする殺陣にしたんです。

──動きにもバリエーションが出てきて画が面白くなります。

中川:やられる側も上から叩かれるのを防ごうと思ったら、お腹があくから突かれてやられる。次は突いてくるなってお腹を守ったら、上から叩かれる。そうしたリアクションをしたり、周りの堀に落ちたり、様々なリアクションがいくつかできたので、面白かったんじゃないのかなと思います。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン