芸能

辻希美、3億円豪邸に転居 ブログ、YouTubeなどで年収は2億円超か

スーパー帰りの辻。多忙のなか、育児、家事を完璧にこなす(写真は2022年3月)

多忙のなか、育児、家事を完璧にこなす辻希美(写真は2022年3月)

 当時19才で杉浦太陽との結婚・妊娠を発表し、ママゴト婚とも報じられた辻希美(34才)。ママタレとしてのポジションを着実に築き、このたび建てた新居は3億円超えというから驚きだ。しかし、そんな引っ越し先で早速不穏な声が聞こえてきて──。

 地域社会のつながりが希薄になり、隣に住んでいるのがどんな人かも知らずに暮らしている人が多いいま、ある家族の引っ越しにザワついている地域がある。

「まさかあの家族が越してくるなんてね。引っ越し早々、深夜まで庭でのDIY(日曜大工)の音が響き渡って、うるさいのなんのって……これから隣人になると思うと、先が思いやられるよ」

 近くに住む男性が眉間に皺を寄せてこう話したかと思えば、通りを挟んだ区画に住む女性はこう話す。

「引っ越してきて間もなく、ママ友だと思われるかたがたが家の前の通りに大きく広がって井戸端会議をしていたの。危ないったらありゃしないわよね。今後うまくやっていけるかしら」

 近隣住民を“憂鬱”にさせているのは、3月20日、《実は……我が家……お引越しを致しましたぁぁぁぁぁぁ?》とインスタグラムで発表した辻希美(34才)一家だ。

 辻といえば、SNSで私生活を明かすたびにバッシングを受けてきた。肉じゃがを作りながら小躍りしただけで「危ない、火事になる」と批判され、いちごに練乳をかけて食べれば「採れたてのいちごに練乳をかけるなんて」、花粉症で耳鼻科に行ったことを報告しただけで「もっとつらい人がいる」と何をしても炎上する。

 さらには、夫の杉浦太陽(41才)が靴を脱いだとき、靴下の裏が汚かったというだけで、「部屋の掃除をしているのか」とバッシングを受けるなど、一挙手一投足がネットユーザーの理不尽ともいえる批判の的となってきた。

 裏を返せば、それだけ彼女が注目を集める存在だということだ。2019年5月に開設したYouTubeチャンネル『辻ちゃんネル』は、この3月27日、登録者数100万人を突破した。

「何をしても批判されがちな辻ちゃんですが、昨年のオリコン調査による『好きなママタレントランキング』では上戸彩さん(36才)や小倉優子さん(38才)より上位の5位にランクインしています。

 中学生の長女、小学生の長男と次男、3才の三男の4人の子供たちの育児をしながら、テレビ、イベント出演のほか、ブログとYouTubeの更新を続けるのは、並大抵のことではありません。杉浦さんとの夫婦仲も円満で、辻ちゃんに憧れている女性も多い」(テレビ局関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン