スポーツ

ラストイヤー阪神・矢野燿大監督 開幕撃沈でシーズン中の退陣もあるか

矢野燿大監督には最後の一年だったが…(写真/共同通信社)

矢野燿大監督には最後の一年だったが…(写真/共同通信社)

 開幕9連敗で43年ぶりにセ・リーグのワースト記録を更新した阪神。

「在阪スポーツ紙も頭を抱えています。阪神ファンは勝てばスポーツニュースを見て、翌日にスポーツ新聞も買うが、負けるとニュースも見ない。開幕7連敗で『V率0%』と報じられ、オフまでスポーツ紙を買わない虎党もいる」(元デイリースポーツ編集局長の平井隆司氏)

 戦力的にはやはり、守護神・スアレスが抜けた穴が大きい。ヤクルト、巨人、阪神で4番を打った広澤克実氏が指摘する。

「スアレスの穴はわかっていたことですが、代役の新外国人・ケラーがこんな悪いとは思っていなかったのでしょう。なぜ、オープン戦でもっと色々と試せなかったのか。抑えができるかは、捕手の梅野(隆太郎)や坂本(誠志郎)に聞けばわかったと思いますよ」

 矢野燿大監督にとって“一丸で戦うラストイヤー”のはずだった。キャンプイン前日の1月31日、「今シーズンをもって退任しようと思っている」と表明していたからだ。

 だが、1960年代の阪神で捕手として活躍し、“ダンプ”の愛称で知られる辻恭彦氏は、この退任表明が士気を下げたとみる。

「選手はみんな去り行く監督に背中を向けていますよ。日本ハムは負けても選手が新庄監督に認めてもらおうと元気一杯のプレーをしているけど、阪神は選手がホームランを打っても矢野監督が前年までのような笑顔を見せない。選手もどうしていいのかわからないように見えます」

 早くも関係者の間では、「矢野監督のままで今季を戦えるのか」という声が浮上しているという。

「阪神にとって監督解任騒動は“お家芸”だが、通常は『真夏のストーブリーグ』です。春先のここまで早い時期のストーブリーグはさすがに例がない」(平井氏)

 実際に、フロントが更迭に動くことがあるのか。阪神の元球団社長・野崎勝義氏はこう言う。

「タイガースの場合、球団が率先してお家騒動を起こすわけではない。在阪メディアの報道次第で流れが変わるのです。“矢野休養か”といった過激な見出しが出始めると、試合どころではなくなる。今回も、球団が矢野監督に休養を勧めることはないだろうが、過去には監督が先に音を上げてしまうことがあった。1984年の安藤(統男)監督退団のケースでは、熱狂的な阪神ファンが監督の自宅に剃刀入りの脅迫状を送り付けたりして、監督だけでなく家族まで体調を崩し、退任となりました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト