ビジネス

悪しき円安と値上げの春 日本の「買い負け」はどこまで続くのか

6年7カ月ぶりに1ドル=124円台を付けた円相場を示す電光ボード。2022年03月28日(時事通信フォト)

6年7カ月ぶりに1ドル=124円台を付けた円相場を示す電光ボード。2022年03月28日(時事通信フォト)

 2022年の春はau携帯の3G停波、18歳成人など様々なトピックスがあるが、誰にでも関わりがあるのは「値上げの春」だろうか。パンやパスタ、ハム、ソーセージに油、文具やトイレットペーパーなど様々な分野で大手メーカーが値上げを発表している。公正取引委員会は、下請けなどに対して価格転嫁が適正に行われているか緊急調査を始めると発表した。俳人で著作家の日野百草氏が、商社マンに「悪しき円安」で買い負けがつづく日本の弱さについて聞いた。

 * * *
「悪しき円安を本当になんとかしないと、日本の一般国民は値上げで大変なことになりますよ」

 円安を憂い続ける筆者旧知の商社マンA氏(40代)、中堅専門商社のバイヤーだけに、日々の円安と日本の買い負けがダイレクトに響いてくる。最初に円安の被害に遭う立場と言ってもいい。そんな彼が訴えたいのはまさにその「悪しき円安」のこと。

「一部のアナリストが『戦争でドルと円が高くなる』なんて言ってましたけど、見事に外してます。現場も知らずに数字の羅列ばかり。それに『有事の円買い』なん今や昔ですよ」

 確かに、筆者の知るアナリストやら○○総研やらの一部は、ロシアのウクライナ侵略により3月はドル高、円高になると予想していた。「1ドル116円台に上昇する可能性」なんてリリース資料も虚しい限り、結果でとやかく言うつもりはないが、現実は3月28日に東京外国為替市場で一時、1ドル125円台をつけた。以降も120円台で推移している。1ドル=125円前後は、2015年に日銀の黒田東彦総裁が「ここからさらに円安に振れることは、普通に考えるとなかなかありそうにない」と発言したことから市場関係者の間で「黒田ライン」と呼ばれてきた。それが常態化しつつあるのだ。

「そもそも円安は対ドルだけではないんです。当時と違うのはそこですね」

 125円といえば1992年の円相場と同じ、30年間賃金の上がらない日本は、ついに円相場も30年前に戻ってしまった。主因は日銀が長期金利上昇を嫌って10年物国債利回りを誘導する買い入れ「指し値オペ」を繰り返したことによるものだが、その是非はともかく円は1990年前後の水準まで(短期的にはそれ以降も別の要因で円安はあったが)戻ってしまった。また対米ドルだけでなく円は軒並み(ユーロは弱含みだが)安くつけている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン