芸能

仲間由紀恵、強まる故郷への愛 沖縄で暮らす両親や祖父母との“約束”

(時事通信フォト)

沖縄ロケで仲間が強行軍で向かった場所は(時事通信フォト)

 青い海に真っ白なビーチ、広い空、どこまでも広がるサトウキビ畑。美しい景色の宝庫である「美ら島」で育った仲間由紀恵は現在、尊敬する「沖縄の母」を初めて演じている。そのロケ先で彼女がとった行動とは──。

「ひ孫が2才のとき、会いに来てくれたね。旦那さんも一緒に4人でね。旦那さんはいい男だよぉ」

 そう笑顔を見せるのは、沖縄・伊良部島に住む仲間由紀恵(42才)のおばあだ。東京・羽田空港から沖縄・宮古空港までおよそ3時間。そこから3kmを超える長大な伊良部大橋を渡ると伊良部島に到着する。人口約5000人の小さな島はかつお漁が盛んだ。その島に住む父方のおばあのもとを幼い双子を連れた仲間が訪れたのは、約2年前だったという。

「その前年の6月にも、由紀恵ちゃんは伊良部島を訪れたそうで、おじいとおばあはとても喜んでいました。由紀恵ちゃんは小さな頃からこの島が大好きで、おじい、おばあの家を訪れて走り回っていましたからね。わが子を連れてくることができてうれしかったでしょうね」(近隣住民)

 4月11日にスタートしたNHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』で、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の母親・優子を演じる仲間。忙しいロケの合間を縫って、強行軍で駆けつけたのは、撮影場所から車で2時間近くかかる沖縄の実家だった。

「その時期はドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の撮影とも重なって大変そうでしたが、忙しいスケジュールの合間を縫って実家に帰ったそうです。子供たちは東京に置いてきたので、ひとりでの帰省でした。

 今回のドラマで仲間さんは4人きょうだいの母親役を演じていますが、実際に仲間さんは5人きょうだいの末っ子として育ちました。役を演じ、幼い頃の自分やきょうだいを思い出して親への感謝の気持ちが強くなったから、少しでも顔が見たくなったのでしょう。お父さんは仕事の関係で不在が続いていたようで、ほとんどお母さんひとりの力で5人の子供を育てたそうです。仲間さんはそんな母親を尊敬しています」(NHK関係者)

 15才で生まれ故郷を離れた仲間は31才のとき、沖縄の歴史を描いたドラマ『テンペスト』(NHK)に主演したことをきっかけに、改めて沖縄愛が強くなったようだ。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン