芸能

大河ドラマの殺陣指導者が語る 視聴者が納得できる「リアリティ」とは

『真田丸』で殺陣を担当した中川邦史朗氏

『真田丸』で殺陣を担当した中川邦史朗氏

『真田丸』で殺陣を担当した中川邦史朗氏の師匠である故・林邦史朗氏は、NHK大河ドラマの初期ら殺陣を担当している。他の時代劇に比べて大河は合戦シーンが多いが、どのように作られてきたのか。時代劇研究家の春日太一氏が、林氏の殺陣チーム「若駒プロ」の一員として携わってきた中川氏に、その秘話をう聞いた。

 * * *
中川:林先生が殺陣を教える俳優養成所に来ている方たちの中から「この子はできるから、今度の大河に連れてきて」と事務所に伝えて、技術があるメンバーを集めていました。ですから、合戦シーンの端役でもある程度は技量がある人が集められています。

──合戦での動きはどのように指示されていたのでしょう?

中川:何人かのグループに分かれて、そのグループごとに若駒アクション部が一人ずつ入って束ねていました。そしてモニターで確認しながら、「あそこはちょっとスピードがぬるいな」とか、「もうちょっと激しくやって」とか「あそこはもうちょっとカメラ方向に寄せて」とか、指示を出していくわけです。その上で束ね役が一人一人に動きをつけていきます。

 基本的にカメラ前の目立つところとか、画面の手前は細かく殺陣をつけますが、奥のほうは割と自由にやってもらっているんです。それよりも、怪我のないようにすることが大事でした。

──そうなると、束ね役として前線に出向くお弟子さんたちの役割も重要になりますね。

中川:そう。分業作業でもあるんです。出演者の人数が一番多かったのが『葵 徳川三代』(二〇〇〇年)でした。

 あの時は、うちのメンバー一人につき、十五人から二十人ぐらい束ねていましたね。「中川チームはあのへんあたりに行って」と指示をされたら、そこにエキストラの人たちを連れていって画を埋めていきました。

──個々の兵たちの戦闘での動きはどのようにつけられたのでしょう?

中川:「そういうふうに戦うよね」という、視聴者にとって理にかなうと思ってもらえるようなリアリティを大事にしていました。いかに危なくないように、リアリティを積み上げていくか。

 たとえ、それが「作り物」だとしても、観ている人に「本物」と思ってもらえることが大事です。

「ああ、そうか、そうなるかもしれない」って視聴者を納得させられないと。それがないと、観ていても軍勢同士がバーンってぶつかり合うだけで終わってしまいますから。

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン