芸能

『鎌倉殿』三谷幸喜が異例のネタばらし 佐藤浩市・広常の“最期”の演出に期待

三谷幸喜氏のネタばらしでますます楽しみに(Getty Images)

三谷幸喜氏のネタばらしでますます楽しみに(Getty Images)

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本家を努める三谷幸喜が、朝日新聞の連載コラム「ありふれた生活」(4月14日付夕刊)で、4月17日放送回に向けた異例の予告を行なった。

〈今回は、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の盛大なネタばらしです〉という注意書きのうえ、佐藤浩市演じる上総広常が、次回放送回で壮絶な最期を遂げることが予告されている。

〈頼朝を助け、御家人たちの中でも存在感を示してきた広常だったが、彼のことが疎ましくなった頼朝の策謀によって、最後は抹殺される。歴史の変革期に忽然と現れ、役目を終えたら呆気なく消されてしまう。近藤勇にとっての芹沢鴨、それが広常だ〉

〈次回の『鎌倉殿~』の内容は、年表風に記せば、「寿永二年閏十月。源義経、木曽義仲討伐のため近江に到着」「同十二月。上総介広常、誅殺される」となる〉

 次回放送回について、あえて踏み込んだ書き方をした理由を、ベテラン芸能ライターはこう推測する。

「広常の死に際については資料が残っていないため、〈この回はほぼすべて創作〉だと三谷さんは述べています。つまり、自分が作り上げた広常の最期について、相当な自信があるということでしょう」

 三谷はさらに、〈登場人物がほぼ出揃う、オールスターキャスト回。クライマックスはまさに、佐藤浩市ここにあるといった感じ〉と自信を覗かせる。佐藤と言えば、三谷がはじめて大河の脚本を担った『新選組!』(2004年)で新選組初代局長・芹沢鴨を演じ、「大河ドラマ史上に残る最期」と名高い壮絶な死に際を演じた。同じキャスト、似たシチュエーションとなれば、否応なく期待が高まる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト