国際情報

上海感染爆発 終わりが見えない過酷ロックダウン生活「監視され、薬も食料もない」

ロックダウン中の中国・上海で、新型コロナウイルスの検査を受けるため列をつくる住民(時事通信フォト)

ロックダウン中の中国・上海で、新型コロナウイルスの検査を受けるため列をつくる住民(時事通信フォト)

 当初、東部は4月1日、西部は4月5日を持ってロックダウンは解除される予定であったが、約2週間以上たった現在でも大半の地域はロックダウンされ続けており、住民たちは物心両面で苦労を強いられている。上海・西浦地区に住む男性駐在員A氏が語る。

「ロックダウンが始まって以降、連日続くPCR検査にほとほと疲れています。時には前日の夜12時ごろに検査の通知があって翌朝6時半に検査させられることもあります。そうした徹底的な検査を行なっても、暮らしている居住区の中で一人でも陽性者が出るとまた7日間は部屋のドアから一歩も外に出られない状態が続くので終わりが見えません。

 感染拡大以前から上海は厳戒態勢で、ショッピングモールなどに入場する際には入り口で、感染発生地域に居住していないことを証明する『健康コード』と呼ばれる電子マネー決済アプリと連動した安全担保証を提示させられることがありました。ですが、感染が増加し始めた3月中旬以降からは健康コードに併せ、過去2週間の行動履歴が追跡できる行動証明証、さらには48時間以内の陰性証明証の提示を求められるようになりました」

 ロックダウン前夜への不穏な空気を感じ取ったA氏が外資系スーパーでブロック肉や野菜、飲料水などを徐々に買い込むようになった時期と前後して、上海では感染爆発の“火種”とも言えるある事件が起きたという。現地記者が解説する。

「上海では旧正月と前後して、先に感染が拡大していた香港からの旅客数が増加。そうした旅客者らは到着後のPCR検査後、原則3週間は市が指定する施設での隔離が求められていますが、旅客数が増えるにつれ隔離施設数も限界となり、5つ星クラスのホテルまでも隔離施設として使用されることになった。そうした隔離施設の一つとなった市西部にあるホテル『華亭賓館』でクラスターが起きてしまったんです」

 1986年に建設された華亭賓館はブランド店が立ち並ぶ高級エリアに位置し、近辺には日本のアイドルグループ『嵐』や『X JAPAN』がコンサートを行なった上海体育館が隣接している。通常なら隔離施設に使用されるようなホテルではないが、隔離者の増加と改装工事のために同ホテルが一時休業していたため、急遽、隔離施設として使用されることになった。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン