芸能

新山千春も出会った!マッチングアプリを使うタレントは「それなりにいる」

タレントもマッチングアプリを活用する時代に?(写真/共同通信社)

タレントもマッチングアプリを活用する時代に?(写真/共同通信社)

〈マッチングアプリで出会った20代男性と真剣交際〉──タレント・新山千春(41)の熱愛がスポーツ紙でそう報じられると、ネット上では「芸能人と出会える時代がやって来た」「夢のある話」などと大きな盛り上がりをみせている。

 過去にはフリーアナウンサーの鷲見玲奈(31)がテレビ番組でマッチングアプリに登録したことがあると打ち明けたケースもあるが、女性芸能人と一般男性がアプリを通じて出会ったという交際報道は初めてだろう。芸能レポーターの佐々木博之氏は、芸能人の出会い事情の変化についてこう語る。

「少し前まで女性芸能人の出会いは、IT系のベンチャー企業社長が芸能関係者と仲良くなって六本木ヒルズのパーティーに呼んで……といったパターンが多かったが、今はスマホ一つで知り合える。時代が変わったなと思います。2019年に元モーニング娘。の後藤真希(36)がオンラインゲームで知り合った一般人との不倫を報じられたことも驚きをもって受け止められましたが、今回はそれ以上では」

 それにしても、芸能人が見ず知らずの一般人と出会いを求めるケースが本当にあるのだろうか。中堅芸能事務所のスタッフはこう語る。

「マッチングアプリを使ったことのあるタレント、アイドル、モデルはそれなりの数いるでしょう。それというのも、“所属タレントは恋愛禁止”なんてルールは時代錯誤になってきて、『人権侵害』と捉えられてしまう。大口のCMを抱えている場合などは注意を促しますが、それ以外は本当に“プライベートは本人に任せている”という事務所が増えています。厳しく管理しない流れになったのと、マッチングアプリの普及の時期が重なったということもあります」

 なにも、芸能人が怪しげな「出会い系サイト」を使っているというわけではないのだという。

「たとえば代表的なマッチングアプリ『Tinder(ティンダー)』は海外で芸能人が利用している例もあるほどメジャーです。とりわけ若い年代ほど、出会いの機会のひとつとして捉えることに抵抗感はないので、芸能人が使っても不倫などでない限りはマイナスイメージがつくこともないでしょう。新山さんも、むしろアプリの広告に起用される展開があったりするのでは」(同前)

“出会い方”の常識は大きく変わってきている。

※週刊ポスト2022年4月29日号

一日警察署長をしていた新山千春(写真/共同通信社)

一日警察署長をしていた新山千春(写真/共同通信社)

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン