芸能

おぼん・こぼん、春風亭一之輔らの新刊“オビ文”に惹かれる高田文夫氏

高田文夫氏が惹かれた“オビ文”は?

高田文夫氏が惹かれた“オビ文”は?

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、オビの文言に着目し、芸人本や映画・音楽本についてつづる。

 * * *
 大好評、私の新刊本情報。今週購入したり頂戴したり、読んだり読まなかったりしている机上の本特集。書店ではついついオビにつられて買ってしまうなんてこともあります。今回はオビで競い合います。

『東京漫才』(おぼん・こぼん/飛鳥新社)。オビに曰く「『水曜日のダウンタウン』で大反響!! おじさん2人の喧嘩が終われば世界が平和になります ナイツ塙」。70を過ぎた旬の男たちの話なので喰いつきやすい。なつかしいお笑いシーンも。

『いちのすけのまくら』(春風亭一之輔/朝日文庫)。オビに「朝日文庫史上最年少!? 一之輔・長男(高校生)による特別解説つき」。高校生の息子がみごとな父親解説。毒ありユーモアあり、少し尊敬もあり、我が日芸落研後輩の息子としては上出来。

『雌伏三十年』(マキタスポーツ/文藝春秋)「異能の人、自伝的初小説 『辛抱』とは辛さを抱きしめることだ。マキタスポーツは才能と辛抱が長く同居していて実に文学的だ。水道橋博士」。若き日のマキタを見て私はひと言「お前は才能が渋滞している」と言ったことがある。やっと陽の目を見た。『上岡龍太郎 話芸一代 増補新版』(戸田学/青土社)。「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流、恵まれない天才、上岡龍太郎です」。この新版には上岡が語る西條凡児と桂米朝なども入ってまたまたお得感。

『関東芸人のリーダー お笑いスター131人を見てきた男』(渡辺正行/双葉社)。「渡辺正行は我々にその程度の事を思わせるぐらいの芸人だ 爆笑問題太田光」。ケチョンケチョンなのかどうなのかも分からないコメント。

 80代の方たちも元気です。

『映画の不良性感度』(内藤誠/小学館新書)。オビに曰く「86歳の『生涯映画監督』が綴る酒とジャズの薫るシネマ論」。こういう方たちが書き残しておいてくれると我々後輩芸能者としても助かる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン