ライフ

日常的な言葉の面白さや危うさに迫る『いつもの言葉を哲学する』など新刊4冊

「スピード感をもってやる」時代。なんで“感”が付くのか意味不明だぞ

「スピード感をもってやる」時代。なんで“感”が付くのか意味不明だぞ

 気温も上がってきたこの季節。野外に繰り出すのもいいが、室内でゆっくり読書を楽しむなんてのも、結構いいものです。いまこそ読みたい4冊の新刊を紹介します。

『いつもの言葉を哲学する』
古田徹也/朝日新書/935円

 最近の日本語にはキョーフを覚える。「批判なき選挙と政治」を目指す女性政治家、国語辞典の定義を覆した元&前総理。「不快な思いをさせた」と表をツルンと撫でて論点を隠す謝罪法。ここでは取り上げられていないが「思う」を丁寧語として使う風潮も気になる(例/3.11があったと思うんですけど)。言葉の貧困は対話の拒絶にも繋がる。適切な日本語の使い方、取り戻したい。

2人だけの聖域にしたい恋愛関係。でも、そうはできなとき彼は…

2人だけの聖域にしたい恋愛関係。でも、そうはできないとき彼は…

『きみだからさびしい』
大前粟生/文藝春秋/1650円

 繊細で臆病で“政治的に正しい”。現代の恋愛小説ってこんな難しい所に突っ込んでいくんだと目が丸くなる。ホテル勤務の24才の圭吾。ランニング仲間のあやめさんに告白するも、彼女は合意の上で複数の相手と関係するポリアモリーだった。本書を読むとよく分かる。従来の恋愛小説がいかに固定化したジェンダー観の上に成立していたかが。やっかいな時代の真情吐露小説だ。

いつものメンバーと謎の転校生ルカ。「異説クラブメンバーズバッジ」が大活躍

いつものメンバーと謎の転校生ルカ。「異説クラブメンバーズバッジ」が大活躍

『小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記』
原作 藤子・F・不二雄 著 辻村深月/小学館文庫/792円

 どこでもドアで月の裏側に降り立ったドラえもんとのび太。ウサギ王国を造り帰還する。折しも学校にルカというスーパー転校生が現れる。彼の出自は? 彼の背負った運命とは? 人類月面着陸50周年の年(公開時)に、地球、月、カグヤ星を結んで繰り広げる大冒険活劇。友情の大切さを謳い、不老不死という人類の夢への著者ならではの解答が、この冒険を美しく締めくくる。

貧困からお嬢様、教師から清掃レディ。どの場面にも自前の声が響く希有の作家

貧困からお嬢様、教師から清掃レディ。どの場面にも自前の声が響く希有の作家

『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』
ルシア・ベルリン著 岸本佐知子訳/講談社文庫/990円

 単行本時、小説好きを狂喜させた短編集。物故作家にもかかわらず、これを翻訳したいと熱望した岸本佐知子さんに大感謝だった。労働の悲哀を乾いた毒とユーモアでピン刺しする表題作、メキシコに飛んで妹を看取る「あとちょっとだけ」、その妹と“イカれた”母親の思い出を語り合う「ママ」など24編。この4月下旬には第2弾も刊行される。首がもげそうなほど待ち遠しい。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年4月28日号

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン