ライフ

俳優・升毅 鰹の伝統的な加工食品使う「なまり節のつまみ」レシピを伝授

鰹の伝統的な加工品を使ってパパっと作る「なまり節のつまみ2種」

鰹の伝統的な加工品を使ってパパっと作る「なまり節のつまみ2種」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる俳優・升毅は、自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2回ほど開催する料理好きだ。そんな升が日本の伝統的加工食品を生かす「なまり節のつまみ2種」を料理し、提供してくれた。その様子とレシピを今回、紹介する。

「鰹を加熱加工した、なまり節。そのままでも食べられ、旨味が凝縮しているので、手軽に酒肴が作れます。『ほぐし煮』は、僕にとって懐かしいおふくろの味。母の料理を思い出しながら考えたレシピです。たっぷりの野菜と和える『酢の物』は、しょうがを利かせてさっぱりとした風味に仕上げます。2品とも冷酒や焼酎のおともにどうぞ」(升)

鰹の伝統的な加工品を使ってパパッと作る「なまり節のつまみ2種」

【ほぐし煮】
■材料(3~4人分)
鰹のなまり節(生節)…200g
A[水…200ml、酒…大さじ3、みりん…大さじ3、砂糖…小さじ1、塩…2つまみ、しょうゆ…大さじ4、しょうが…1かけ]

■作り方
【1】なまり節は手で一口大にほぐす。
【2】鍋に[A]を入れ中火にかけ、【1】を入れる。
【3】煮立ったらマッチ棒大に切ったしょうがを加え、落としぶたをして弱火で10分程煮て完成。

【酢の物】
■材料(3~4人分)
鰹のなまり節(生節)…100g、きゅうり…1本、新たまねぎ…1コ、塩…1つまみ
A[酢…大さじ6、みりん…大さじ1/2、砂糖…2つまみ、塩…1つまみ、チューブのしょうが…約5cm、貝割れ菜…1/2パック、白ごま…小さじ2]

■作り方
【1】なまり節は手で一口大にほぐす。
【2】きゅうりは縦半分に切ってから2~3mm幅に斜め切り。新たまねぎは縦半分に切ってから繊維に沿って6~7mm幅に切る。
【3】ボウルに【2】を入れ、塩を加えてよく混ぜ、5分程おく。しんなりとしたら、合わせた[A]を加えて混ぜ、さら【1】を加えてよく混ぜる。
【4】半分に切った貝割れ菜と白ごまを加えて完成。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰。主演ドラマ『旧車探して、地元めし』が映画・チャンネルNECOで放送中。

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2022年4月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン