スポーツ

藤井秀悟、独立リーグ指導者に転身「サインボールも球団に寄付した。それでも楽しい」

今年から指導者に転身した藤井秀悟

今年から指導者に転身した藤井秀悟

 プロ野球選手の引退後の“第二の人生”は多種多様だ。NPB球団の監督やコーチといった役職に就く者は一握りだが、野球というスポーツの裾野は広いこともあり、様々なかたちで関わり続けるOBは少なくない。ヤクルトの元エース・藤井秀悟(44)もその一人である。NPBとは大きく違う環境に身を置く藤井が、改めて自身の現役時代を振り返り、今後の展望を語った。【前後編の前編】

 * * *

 自分のサインボールを練習のノックボールに使うことなど、想像できなかった。

「これが現実なんだ……もっと良い環境で選手をプレーさせてあげたい」

 かつて、ヤクルトのエースとして活躍した藤井秀悟はそう口にした。藤井は2020年から球団広報兼打撃投手として務めていたDeNAを昨年限りで退団し、今年からは関西独立リーグ『06BULLS(本拠地・大阪府東大阪市。以下、ブルズ)』でゼネラルマネジャー(GM)補佐兼投手コーチを務めている。

「失礼ですが、関西に独立リーグがあることすら最近まで知らなかったんです。だからどんな環境か想像できなかった。飲食店やコールセンターなどアルバイトで生計を立てながら、NPBを目指している。そんな世界があることに驚きました」

 藤井の1日は多忙だ。午前6時前に起床し、電車と選手の車を乗り継いで大阪府大東市にあるグラウンドで午前9時から午後1時まで練習する。プロの施設と違い、シャワーはない。練習後は一度自宅に戻った後、再び身支度して株式会社canteraの本社(大阪府大阪市)に向かう。矢白木崇行代表取締役がブルズでオーナーを務め、藤井は同社の社員として報酬を得ているという。元プロアスリートの就職支援、新卒のアスリート学生に対する進路サポート業務を午後6時まで行う。ブルズのスポンサーを集めるため、時間の合間を縫って地元企業の挨拶に回る。

 不慣れなことが多く目まぐるしい生活だったが、3か月が経った。

「やりがいを感じています。自分が必要とされている環境があることがありがたいですから。ブルズの選手たちは上手くなりたいという気持ちがとても強いので、少しでも良い方向に伸びるように手助けしたい。より良い環境で野球に取り組んでほしいので、スポンサー集めも必死です。応援してくれるファン、企業が増えれば練習環境も施設も改善されていくわけですから」

 前述したように野球用具が不足しているため、藤井が実家に保管していたボール、アンダーシャツなどを球団に寄付した。室内練習場がないため、グラウンドが雨でぬかるんで使用不可の時はコンクリートの上を走ったことも。決して恵まれた環境とは言えない。だが、藤井はブルズの育成方針に心を突き動かされたという。

「選手はユニフォームの着こなしがしっかりしていて、茶髪、ロン毛、ひげは禁止。巨人みたいな雰囲気ですね。球団代表兼GMを務める谷口功一さんの方針で、礼儀、言葉遣いも大事にしている。僕は真面目と言える人間ではないのですが(笑)、野球に取り組む姿勢は非常に大事ですし、野球を離れても必ず役立つ。ブルズは人としても成長できる環境だと思います」

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン