ライフ

自律神経の不調が原因「非びらん性胃食道逆流症」自分でケアする呼吸法&体操

薬が効かない「非びらん性胃食道逆流症」とは?

薬が効かない「非びらん性胃食道逆流症」とは?

 胃液が食道に逆流して、炎症を引き起こす「逆流性食道炎」。統計によって割合はまちまちだが、「日本人の5人に1人は罹患と推定」「3人に1人は悩んでいる」などと言われている。一方、それとよく似た症状を引き起こす別の病気が「非びらん性胃食道逆流症」だ。胸やけ、胃もたれなど逆流性食道炎と同じ症状があるのに、内視鏡検査をしても食道には炎症が見られない。胃酸が原因でないため、胃酸を抑える薬を飲んでも症状は改善しない。自律神経が大きく関与しているものと見られている。

「非びらん性胃食道逆流症」は炎症がないので食道「炎」とは呼べず、この名称になった。諸症状が起きる理由は、緊張、疲労、加齢、天候の移り変わりなど。様々な変化を体が許容できず、ストレスとなって自律神経の働きに異常を引き起こす。

 10代の思春期または更年期以降と、心が揺れ動く年代に多く見られるのが特徴的。診断が難しいため、問診で逆流性食道炎や神経性胃炎、自律神経失調症と診断されたままの人、内視鏡検査を受けても炎症がないため何の病名も付けられないままの人が実際には大勢いると推測される。

 炎症を抑える薬では治らないものの、自律神経のコントロールさえできれば解決可能。ある意味、逆流性食道炎よりも完治の希望が持てる病気だ。

自律神経に「触れて揉む」マッサージ “お腹の自律神経を探り、自分のストレスを知ろう”

24時間働き続ける自律神経、非びらん性胃食道逆流症との関係

24時間働き続ける自律神経、非びらん性胃食道逆流症との関係

 外部環境の変化に応じて指令を出す自律神経。しかし、受け止めきれないほど外部からの刺激にさらされると、交感神経と副交感神経のどちらかが過剰に働き、胃食道逆流症をはじめとする不調のサインが現われる。心理的なストレスも、この「外部からの刺激」に含まれる。

「『自律神経って本当に存在しているんですか?』とよく尋ねられます」

 こう笑うのは、新板橋クリニック院長の清水公一氏。自律神経は精神的なものとのイメージが強く、つい架空の神経だと思われるようだ。消化器外科医師として内臓を直接観察する経験も多い清水院長は、以前から外科医同士で「触診したとき時々硬さを感じる。あれは何だ?」と疑問をぶつけあっていた。そのうち、それこそが硬くなった自律神経であると気づき、皮膚の上から自律神経を揉みほぐす方法にたどり着いたのだ。

 非びらん性胃食道逆流症の改善は、自律神経に触れ自分のストレス度合いを把握することから。写真を参考に、自分で心と体をほぐしていきたい。

自律神経マッサージ

自律神経マッサージ

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン