ライフ

スマホ、デスクワーク、熱々のお茶…日々の行動と「がんリスク」との関係性

(写真/Getty Images)

がんにかかりやすい人が食べているものとは?(写真/Getty Images)

「ダイエットになるから」と白米を減らして肉を摂り、おやつタイムは熱いお茶と一緒にカロリーゼロのお菓子を食べ、スマホを片時も手放さない──こんな行動が、がんを引き寄せている可能性があるという。

 マスクをつけたまま3度目の春を迎えたいま、新たな病魔が静かに忍び寄ってきている。秋津医院院長の秋津壽男さんが言う。

「コロナ禍における検診控えに加え、テレワークによる座りっぱなしの生活や食生活の乱れが原因で、無意識のうちにがんにかかるリスクを上げる行動をとってしまっている人は少なくありません」

 いくら新型コロナの対策が万全だったとしても、さらに深刻な病気にかかってしまえば元も子もない。

「とはいえ、かつては正体不明の“不治の病”だったがんも、医療や科学の進歩によって発症のメカニズムや、かかりやすい人の特徴が次々に明らかになっています。つまり、あらかじめ罹患リスクを上げる行動や生活習慣を知れば、予防に努めることができるようになってきたのです」(秋津さん)

 今回、本誌女性セブンは世界中で行われているがんに関する最新研究を集めた。あなたのその何気ない行動が、健康を遠ざけているかもしれない──。

低炭水化物食でがんが作られる

 今年3月に発表され、人工甘味料とがんの関連性に関する調査が発表された。フランスで10万人以上を対象として行われた大規模な研究結果によって、「アスパルテーム」と呼ばれる人工甘味料の摂取量が多い人は乳がんと大腸がんのリスクが高まることが明らかになったのだ。米ハーバード大学元研究員で内科医の大西睦子さんが解説する。

「過去にもアスパルテームの摂取ががんリスクを上げることを示唆する研究は複数あり、2005年にイタリアで行われたラット1800匹を使った実験でも、白血病をはじめとした血液がんとの関連を裏付ける結果が出ています。人工甘味料は“砂糖いらずのカロリーゼロ”とうたわれ、ジュースやお菓子などに幅広く使われていますが、摂取しないに越したことはありません」

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン