ライフ

サプリメントの大量摂取は臓器に大きな負荷 劇団ひとりは肝臓壊し1か月入院

(写真/GettyImages)

サプリの摂りすぎに注意(写真/GettyImages)

《サプリで腹いっぱいになっちゃうくらい(のんでいた)。健康になりたくて。そしたらもう、肝臓ボロボロ……》

 昨年11月11日に放送された『櫻井・有吉THE夜会 2時間スペシャル』(TBS系)で、お笑いタレントの劇団ひとり(45才)が自身の体験を明かした。毎食後に50錠近いサプリメントを摂取していたところ、肝臓を壊し、1か月も入院する羽目になったという。

「サプリで腹いっぱいになっちゃうくらい」が明らかに用法・用量を無視していることは誰の目にも明らかだが、サプリメントは本来、体に必要な栄養素を摂取するもの。それが健康を害するとは、どういうことか。

 そもそも、日本人はサプリメント好きだ。2019年の厚生労働省の調査によれば、日本人のサプリメント利用率は女性28.3%、男性21.7%にものぼる。特に、50代の女性のサプリメント利用率は37.6%と、全世代で突出して多い。

 2020年のマイボイスコムのアンケート調査によれば、サプリメントをのんでいる人の目的は、回答者が多い順に「健康維持」が利用者の69.1%。それに「免疫力・抵抗力向上」が25.1%、「目の健康の維持・改善」が17.7%と続く。

 しかし、利用者のうち、効果を実感している人は半数以下の46.1%。サプリメントをのんでいる人の半分以上が、その効果を感じられていないというのだ。薬剤師の福井セリナさんが言う。

「魚の油に含まれるDHAとEPAは、記憶力を高める効果があるとされる成分です。ところが、過剰摂取は体に悪影響を与える。ある学生が試験の前にこれらのサプリを大量にのんだところ、私の目の前でひどい動悸や倦怠感に襲われ、そのまま病院に向かうことになりました」

 形成外科医の北條元治さんは、「サプリメントは薬ではなく食品。粗悪品でないものを常識の範囲で服用すれば害は起こらない」と話す。問題は、サプリメントを過信しすぎることにある。

「サプリメントを狂信して体に不調をきたすほどのみ、その不調をまたサプリメントでなんとかしようと大量にのみ……と、常軌を逸したのみ方をすれば、体に甚大な影響を及ぼすことは否定できません」(北條さん)

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン