コラム

特別なスキルなくても大丈夫 70歳まで働く時代「月10万円稼ぐ」シニアの働き方

70歳まで働くことを目標に据えるのが現実的(イメージ)

 人生100年時代を迎え、長く働きたい人の選択肢が増えてきた。昨年4月施行の改正高年齢者雇用安定法では、働く人の70歳までの就業確保措置の努力義務が企業に対して課さられるようになった。企業側が「長く働ける環境」を用意するよう求められているのだ。しかし、いつまで働くか、どう働くかといった点の定めが曖昧になり、線引きを自分で決めなくてはならない時代に突入したということでもある。働き方が多様になる「定年消滅時代」には、どのように働くのが正解なのか、専門家に聞いた。

【一覧】歳を重ねるほど経験を生かして稼げるバイト一覧

 まず、いつまで働くことを想定すればよいのか。シニア専門の再就職・転職サイト「シニアジョブ」代表取締役社長の中島康恵氏が語る。

「仕事の辞め時を自分で決める時代になりました。60代前半ぐらいの方に話を聞くと『体が動くうちは働きたい』という声が少なくありませんが、ひとまず70歳まで働くことを1つの目標に据えるのが、年金制度や健康寿命を踏まえると現実的でしょう。

 ただし、60歳以上の『雇用制度』は法律上の選択肢も広く、企業によって中身は様々。60歳定年で以降は1年毎の契約更新の企業も多い。つまり、70歳まで働き続けられる確証がないのです。現役世代のうちに70歳定年の企業に転職を考える方も増えましたが、本業と副業の勤務日数を合算して基準を満たせば雇用保険に加入できる『雇用保険マルチジョブホルダー制度』が今年の1月からスタートするなど、国もシニアの副業を推進しており挑む方が増えています」

 歳を重ねると親の介護に時間を取られたり、現役時代よりも就業日数が減るといったケースが考えられ、働き方の再考を迫られる人もいるだろう。そこで隙間時間で稼げるシニア向けの副業が注目されている。

「65歳からが働き盛り」――そう掲げるのは、シニア専門の人材派遣会社「高齢社」だ。60歳以上をターゲットとし、登録者の平均年齢は71.2歳。独自の「ワークシェアリング」システムにより働き方を柔軟に選べるのだという。同社の村関不三夫社長が解説する。

「1つの仕事を2~3人で回す『ワークシェアリング』のかたちにすることで、毎日フルタイムで働かなくても、無理なく仕事を続けられます。シニアの方には朝や土日のシフトだけお任せしたり、その人のライフスタイルに合わせた働き方が可能になります。

 特別なスキルを必要としない仕事もあり、例えば企業の営業車に同乗する『横乗り業務』といった案件などもあります。メーカーのサービスマンのメンテナンスなどに同行して、営業車を停車している間、助手席に座ってもらうといった仕事は運転免許さえあればできます。他には、他の営業所に乗り捨てられたレンタカーを元の営業所に回送する仕事やレンタカーの清掃といった業務もあります」

 これらは時給1100円ほどとなり、月に週3日~4日派遣先への勤務で10万~15万円を稼ぐことが可能だという。ただし、シニアの働き方として気をつけたいのは“自身のキャリアをリセットできるか否か”。現役時代にバリバリ仕事をしてきた人からみると仕事内容に少々物足りなさを感じるかもしれないが、「新たな仕事人生を受け入れる気持ちが大切」だと村関氏が続ける。

「現役時代にある程度のポジションがあったとしても、一度過去をリセットして新しい仕事、新しい人生を受け入れられると、歳を重ねても健康的に働き続けられるでしょう。私自身、65歳を迎えた今『過去の自慢話をしない』といったことに注意し、第二の仕事人生の新入社員のような気持ちでいます」

 長く働くうえでは、気の持ちようが大切なのかもしれない。

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト