ライフ

琵琶湖畔を堪能できる2路線で名刹を愛でる 京都・福井への旅、駅弁3選

滋賀・京都などの駅弁を楽しむ(写真は滋賀県・米原駅の『湖北のおはなし』)

滋賀・京都などの駅弁を楽しむ(写真は滋賀県・米原駅の『湖北のおはなし』)

 日本で一番、大きな湖である琵琶湖は、JR東海道本線(琵琶湖線)とJR湖西線で一周することができる。特に近江塩津駅と山科駅を結ぶ湖西線は琵琶湖の西岸を走り、車窓から湖面の眺めを楽しめる区間が多い。一方、湖東側の琵琶湖線沿線には彦根城や近江八幡など観光名所があり、途中下車の旅も面白い。

 前後に京都駅付近で古寺巡り、JR北陸本線まで足を伸ばして福井駅を起点に永平寺参拝を組むと充実の観光コースができる。京都・滋賀・福井の3県を堪能できる旅にぴったりの沿線の駅弁を3種、紹介しよう。

【米原駅(滋賀県)】『湖北のおはなし』(井筒屋)1200円

 鴨のローストなど湖北地方の名産品を満載。春は山菜、夏は枝豆と季節ごとにおこわの具が変わる。琵琶湖の葦を纏った器、風呂敷が旅情を誘う。

【京都駅(京都府)】『京都のきつね丼』(穂久彩) 972円

京都府・京都駅の『京都のきつね丼』(穂久彩)

京都府・京都駅の『京都のきつね丼』(穂久彩)

 人気のご当地駅弁。京都では油揚げを「きつね」と呼び、短冊状に細く切った「刻みきつね」に鰹の風味がきいた出汁、九条ねぎが絡んで滋味深い。

京都では油揚げを「きつね」と呼び、短冊状に細く切った「刻みきつね」に鰹の風味がきいた出汁、九条ねぎが絡んで滋味深い

京都では油揚げを「きつね」と呼び、短冊状に細く切った「刻みきつね」に鰹の風味がきいた出汁、九条ねぎが絡んで滋味深い

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン