芸能

加藤登紀子「人生最初のごちそう」は満州からの帰国後に庭で作った水餃子

母と一緒に包み、七輪で調理したというペリメニ

母と一緒に包み、七輪で調理したというペリメニ

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。 日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。歌手・加藤登紀子さん(78才)に聞いた。

ハルビンからの帰国後庭で作った水餃子

 日本の敗戦が色濃くなってきた1943年の暮れ、加藤さんは満州のハルビンで生まれた。病室には軍からの正月用の特別配給で食料の山ができ、母・淑子さんは「きっとこの子は運の強い子になる」と思ったそうだ。

「終戦後、母は幼い兄と姉と私の3人を連れて、日本へ引き揚げてきました。持って帰れるものは数枚の衣類と布団、写真は1枚、食料も少しだけ。船旅で死ぬ人も多い中、なんとか無事に京都の母の実家に辿り着きました」(加藤さん・以下同)

 加藤家のごちそうは、満州の暮らしの中で母が覚えたロシア料理の水餃子、ぺリメニ。

「小学校の低学年頃に母のこねた皮に餡を包んでいた記憶があります。たくさん作ってみんなで食べるのよ」

ペリメニを手に

いまでは孫に振る舞うためにペリメニを作るという。左手にペリメニ、右手には同じくロシア料理の「テフテリ」の皿が

 餡はひき肉とみじん切りの玉ねぎを混ぜたもの、皮は小麦粉と卵をぬるま湯で練って作る。誕生日や来客のあるときは決まって作る一番楽しみな料理だった。

「京都で離れを間借りしていた頃は台所が母屋にしかなかったので、庭に七輪を出して調理をしました。母を手伝って餡を皮で包むのが私の仕事。母のペリメニは皮が厚くて本当においしいの。本来はサワークリームをつけて食べますが、当時は辛子じょうゆをつけていましたね」と懐かしそうに目を細める。

 加藤さんにはハルビンでの記憶はないと言うが、子供時代のごちそうの中に、その思い出は息づいている。

【プロフィール】
加藤登紀子/1943年中国東北部ハルビン市に生まれる。1946年、2才の頃に、引き揚げ船で帰国。1962年東京大学入学。1965年、「第2回日本アマチュアシャンソンコンクール」で優勝し、歌手デビューする。『百万本のバラ』などが大ヒットを記録し、今年で歌手活動は57年になる。

撮影/平林直己

※女性セブン2022年5月12・19日号

加藤登紀子さん

加藤登紀子さん

唯一残る、生まれて間もない頃の加藤さんの写真

唯一残る、生まれて間もない頃の加藤さんの写真(提供写真)

父が死を覚悟して朝鮮半島に出征する前に撮った家族写真

父・幸四郎さんが死を覚悟して朝鮮半島に出征する前に撮った家族写真(提供写真)

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン