ライフ

【著者インタビュー】奥田亜希子さん、夫婦の秘密を描く『求めよ、さらば』を語る

奥田亜希子さん

不妊治療を始めた夫婦のコミュニケーションと秘密を描いた恋愛小説を書いた奥田亜希子さん

【著者インタビュー】奥田亜希子さん/『求めよ、さらば』/KADOKAWA/1760円

【本の内容】
34歳、翻訳家の志織と、ソフトウエア開発会社に勤める誠太は結婚7年目。《誠太は優しい。交際を始めた社会人一年目の四月から、十二年間ずっと。私は彼に傷つけられたことがない》。そんな穏やかな日々が、不妊治療をきっかけに少しずつ形を変えていく。期待をしては絶望する日々。誠太は言う。《僕は志織を支えきれなかったんだなと思うと、申し訳なくて》。そして置き手紙を残して姿を消した—2人の出会いを描いた第2章、そして現在に戻り、再び交わる第3章へ。夫婦の選択が胸に迫る恋愛小説。

「惚れ薬」を使う人、使われる人を書きたかった

 夫婦の間の「秘密」を描く、一風変わった恋愛小説である。志織と誠太のカップルはともに34歳。結婚して7年になり、そろそろ子どもを、と思うが授からない。不妊治療を始めているが、これといった原因はどちらにもない。

 料理もすれば、不妊治療でも妻に寄り添う誠太は、優しい夫だ。志織の女友だちからも「よくできた旦那」「完璧な旦那」と言われるが、ある日、思いがけない行動に出て、志織を驚かせる。小説は3章構成。1章が現在の2人を、2章が出会ったころを描き、3章で再び現在に戻る。

「最初は、ふつうに時系列順に書いていたんです。大学生の志織と誠太は、アルバイト先の居酒屋で出会って、つきあうようになるんですけど、ある程度、書いたところで編集者のアドバイスを取り入れて2章と1章を入れ替えました。ちょっと変わった恋愛小説だと受け取られるのは、そのせいかもしれません」

 なかなか妊娠できない志織は、さまざまなジンクスを試したり、ヒーリングセラピーを受けたりする。

「原因がわからないつらさもあるんじゃないかと思いました。志織は自然妊娠したい気持ちもあって、次の段階に進めない。実際に、原因不明の不妊というのは多いそうです」

 不妊治療の医者がなにげなく言った、「夫婦間の相性」という言葉が、2人の関係に影を落とす。自分以外の相手であれば、と考えさせ、誠太を過去のできごとに引き戻す。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン