芸能

『ちむどんどん』でニーニー好演の竜星涼 ブレイクしても実家で母と2人暮らし

竜星涼

竜星涼は「ニーニー」役を熱演

 4月11日にスタートした朝ドラ『ちむどんどん』は沖縄が舞台の物語。主人公は4人きょうだいの次女として生まれたヒロイン暢子(黒島結菜・25才)が、「おいしい食べ物」をキーワードに成長していく。そして、4きょうだいの中で、父の亡き後、家族を明るく支えるのが長男の賢秀だ。

 けんかとボクシングに明け暮れて高校を中退した彼は、就職するも仕事が長続きしない。家でゴロゴロする姿に、視聴者からは「しっかり!」の声があがる。一方で、おばあさんを突き飛ばした酔っ払いに立ち向かうなど、正義感あふれる一面も。そんな愛すべき「ニーニー」を好演するのが竜星涼(29才)だ。

 2010年にデビューした竜星が注目されたのは、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(2013年・テレビ朝日系)のレッド役だった。183cmの長身を生かしてモデルとしても活動し、2016年にはパリコレデビューを果たした。

「端正な顔立ちですが、賢秀のような三枚目キャラも演じられます。肌の美しさも評判で、2016年に発売したセカンド写真集ではフルヌードを披露してファンを狂喜させました」(テレビ局関係者)

 デビューから今年で12年。華々しいキャリアに見えるが、同世代の活躍を横目に悔しい思いをすることも少なくなかった。

「同じ戦隊ヒーロー出身の山田裕貴さん(31才)や横浜流星さん(25才)は話題作の主演に続々と抜擢されるなか、竜星さんにはなかなかスポットライトが当たりませんでした」(前出・テレビ局関係者)

 苦難の時期を支えたのは芸能界入りのきっかけをつくった母だった。

「進路に悩んでいたとき、矢沢永吉さんの大ファンであるお母さんが、彼の自伝『成りあがり』を竜星さんに渡して鼓舞した。本を読んで『何か輝けるものを見つけたい』と考えていたところ、数日後に原宿で芸能事務所にスカウトされたそうです。

 竜星さんはブレークしたいまも、東京郊外にある実家にお母さんと2人で暮らしています。彼はお母さんととても仲がよく、ライブや映画にも一緒に出かけるほど。いまだに実家から仕事に通っているのは、『自分が家を出ると、母親がひとりになってしまう』と心配してのことだとか」(芸能関係者)

 ニーニーは私生活でも家族思いだった。

※女性セブン2022年5月12・19日号

竜星

竜星涼は実家で母親と暮らしているという

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン